又吉直樹、初の長編小説「人間」を語る(3)コントライブも毎月やっている

1月3日(金)18時0分 アサ芸Biz

─第2部が核の部分だと思いますし、芸人でもある芥川賞作家・影島という男を、又吉さんと重ねて読む人も多いでしょう。「又吉の本音が出たな」「いやいや、そう思わせる作戦かもしれない」なんて。現実に起きたことも織りまぜられている。読んでいて興奮しました。

又吉 自分でも作品に入り込んでいるなと感じました。ただ、(ネットで執拗に影島を攻撃する)仲野という男を書く時はしんどかったですね。仲野の言葉が影島を通して僕自身にも刺さってくる。自分で書いていても「いやなこと言うな、こいつ」と、思いました。

─もちろん影島イコール又吉直樹ではないのですが、華々しくデビューして順風満帆に見える又吉さんも、バッシングされて気にしたり、ストレスに感じることもあるのか、と読んでいて思いました。

又吉 なかなか、ストレスがあるって言いにくいですよね。「恵まれているのに、そんなこと言うなよ、って思われるやろな」と思うし。「憂鬱な姿みたいなものを見せることが、誰かを苦しめるかもしれんから、平気なフリしとこう」みたいなところがあるんで。影島の憂鬱が僕と同じということではないですけど、影島の気持ちはよくわかります。

─影島の激しい心情と穏やかな又吉さんとのギャップがショックだった、という感想も聞きました。

又吉 僕としては、それがやりたかったことかもしれませんよね。

─今後、お笑いと文学、両者の比重はどうされていく予定ですか。

又吉 半々という感じですかね。小説を書き始める前から半々やったんで。演劇の台本でもエッセイでも、「何でもやれ」という会社なんで。20歳ぐらいからずっとそういう感じで、お笑いと文章をやってきました。コントのライブは毎月やっています。それも「あいつはもう芸人じゃない」と言われへんためにライブをやるんじゃなくて、やりたくてやってるんですよ。芸人であることは、僕にとっては当然のことです。

─もう人生の半分以上を芸人として生きてきたわけですね。

又吉 この仕事は本当に自由というか、好きなことができますし、何やってもいいというのが芸人やと思っているんで。小説を書くとか本を出版するということも、芸人の中に含まれているんやないかなと思うんですよね。

─次の小説は?

又吉 次は自分から離れるというか、身近な界隈の話ではないのを書こうと思います。実は「人間」を書いたらしばらく休もうと思ってたんです。いっぱい本を読んで、いっぱい映画を見て、インプットの時間にして、自然と書きたいと思ったら次の小説に取りかかろうと思ってたんですけど、なんか、書き終わったらすぐまた書きたくなってきて。

─楽しみです。

又吉直樹(またよし・なおき)1980年、大阪府生まれ。吉本興業所属の芸人。お笑いコンビ「ピース」として活動中。15年、本格的な小説デビュー作「火花」で芥川賞を受賞。17年には2作目となる「劇場」を発表。

永江朗(ながえ・あきら)書評家・コラムニスト 1958年、北海道生まれ。洋書輸入販売会社に勤務したのち、「宝島」などの編集者・ライターを経て93年よりライターに専念。「週刊朝日」「ダ・ヴィンチ」をはじめ、多くのメディアで連載中。

アサ芸Biz

「又吉直樹」をもっと詳しく

「又吉直樹」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ