BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

テニプリソングのソロ部門&総合1位を発表! サプライズの連発にも沸いた「テニプリフェスタ 2016〜合戦〜」梅(Vai)の回レポート

アニメイトタイムズ1月3日(火)14時0分
画像:テニプリソングのソロ部門&総合1位を発表! サプライズの連発にも沸いた「テニプリフェスタ 2016〜合戦〜」梅(Vai)の回レポート
写真を拡大
 2001年に放送がスタートして以降、圧倒的人気でファンの心を掴み続けているアニメシリーズ『テニスの王子様』。その豪華声優陣によるイベント「テニプリフェスタ」が、3年ぶりに日本武道館に帰還! 2016年10月15日(土)、16日(日)の2日間、「テニプリフェスタ 2016〜合戦〜」が行われました。

 キャストが歌いたい曲に加え、ファンが聴きたい曲にも光を当てた今回の「テニフェス」。約800曲にも及ぶキャラクターソングの人気ランキングを発表する「テニプリソング1/800(はっぴゃくぶんのオンリーワン)!」の実施など、話題性にも富んだ内容となりました。ここでは、16日(日)夜に行われた梅(Vai)の回をレポートします。 
【青春学園中等部】
皆川純子さん(越前リョーマ役)、置鮎龍太郎さん(手塚国光役)、甲斐田ゆきさん(不二周助役)、津田健次郎さん(乾 貞治役)、高橋広樹さん(菊丸英二役)、川本 成さん(河村 隆役)、小野坂昌也さん(桃城 武役)

サプライズ出演:近藤孝行さん(大石秀一郎役)

【氷帝学園中等部】
諏訪部順一さん(跡部景吾役)、木内秀信さん(忍足侑士役)、楠田敏之さん(宍戸 亮役)、保志総一朗さん(向日岳人役)、鶴岡 聡さん(樺地崇弘役)、岩崎征実さん(日吉 若役)

【立海大附属中学校】
永井幸子さん(幸村精市役)、楠 大典さん(真田弦一郎役)、竹本英史さん(柳 蓮二役)、増田裕生さん(仁王雅治役)、津田英佑さん(柳生比呂士役)、高橋直純さん(丸井ブン太役)、檜山修之さん(ジャッカル桑原役)

映像出演:森久保祥太郎さん(切原赤也役)

【比嘉中学校】
新垣樽助さん(木手永四郎役)、中村太亮さん(甲斐裕次郎役)、吉野裕行さん(平古場 凛役)、末吉司弥さん(知念 寛役)、上田燿司さん(田仁志 慧役)

【四天宝寺中学校】
杉本ゆうさん(遠山金太郎役)、大須賀 純さん(千歳千里役)、内藤 玲さん(金色小春役)、熊渕 卓さん(一氏ユウジ役)、荒木宏文さん(財前 光役)

サプライズ出演:細谷佳正さん(白石蔵ノ介役)

【U-17(アンダーセブンティーン)】
安元洋貴さん(平等院鳳凰役)、川上貴史さん(越知月光役)、野島健児さん(毛利寿三郎役)、遠藤大智さん(鬼 十次郎役)

※以下、役名で記載します。

「歌いたい曲」が次々と! U-17の見せ場にも注目が集まった前半戦
 開演前から熱気が立ち込める場内。客席が埋まり、期待値がどんどん高まっていくなか、ついに幕開け! ステージ背面の巨大スクリーンに青学・リョーマから順に映し出されると、観客は総立ちで「リョーマーー!!」「てづかーー!!」と声援を送りました。もちろん、青学は青、氷帝は水色と、学校ごとにペンライトの色を変える“演出”も。観客も一緒になって、テニフェスならではの雰囲気を作り上げていきます。

 1曲目は、『テニプリ✮パラダイス』。リョーマ、各校の部長(四天宝寺は金太郎)、U-17(アンダーセブンティーン)の10人が、決め台詞を放ちながら歌唱。途中から全員がステージに勢揃いし、賑やかなオープニングとなりました。さらに、歌が終わり、リョーマが「おまたせ♪」と言えば、客席から特大の歓声が! 3年ぶりに再会できた喜びをみんなで分かち合います。 
 その後は「俺たちのオンリーワン」と題したライブコーナー。キャストが立て続けに登場し、持ち歌のなかから「今歌いたい曲」を披露していきました。ステージの端から端まで駆け回り歌いあげた、河村の『グロリアス』にはじまり、パニエ姿のダンサーをしたがえ終始キュートに魅せた小春の『空は小春晴れ♥』、しっとり聴かせた後でこの場に居ない大石に思いを馳せた菊丸の『タカラモノ』、ヒールを体現する激しいロックナンバーで圧倒した木手の『AWAY』などなど、曲調も表現もさまざまに魅了しました。 
 また、中盤にはU-17(アンダーセブンティーン)の独壇場も。切り込み隊長・鬼が登場すると、客席は赤いペンライト一色に。この色が、重厚感ある『WELCOME TO HELL』を一層盛り立て、『勝利への花道』(越知&毛利)、『Pirates of the World』(平等院)まで続くリレーに華を添えました。さらに、平等院が「世界を獲るぞ、小童ども!」と吠えてシメると、これに呼応して観客からもアツい雄叫びが。高校生の凄味を見せつけます。

 そして終盤は、柳生比呂士の『LASER⚡BEAM』、宍戸亮の『愛してるぜ!』など、コールアンドレスポンスも楽しいキラーチューンに熱狂したところで、大トリ曲『Party Time』へ。リョーマ、不二、河村、忍足(侑)、向日、幸村、真田、千歳、平等院という、この日限りのスペシャルユニットで披露されました。「いくよー!!」という合図で、シンガロングが巻き起こる、まさにハッピーなパーティー空間♪ その場にいる全員で特別感に浸りました。 
歌唱メンバーを仲間が支える! 各校の“チーム力”が試された中盤戦
 アフレココーナー「ハロウィン合戦 梅の回の乱」は、スクリーンいっぱいに登場した青学&立海の面々に大興奮! さらに、ハロウィンにちなんで、キャストが客席でお菓子を配るといったサプライズもあり、存分にふれあいを楽しみました。その後は、「俺たちのオンリーワン」第2部へ。ブン太、金太郎、甲斐、桃城、日吉と、各校の代表が持ち歌を歌唱します。 
 第1部と異なるのは、チームメイトも一緒にステージに立ったこと。各校のチーム力も大きな見どころとなりました。丸井ブン太 with 立海大附属中として披露された『MAKE A CAKE』は、曲名そのままにステージ上でケーキ作り。ブン太が歌う側で、パティシエ姿の幸村たちがスポンジケーキのデコレーションをしていきました。

 映像出演で曲振りを担当した赤也は、曲中も画面上で応援し続けます♪ 完成したケーキには、「RIKKAI SPECIAL」の文字。終始ワイワイした雰囲気で、彼らの仲の良さを見せてくれました。

 続く、遠山金太郎 with 四天宝寺中は、『セイギノミカタ(仮)』で勝負! 学ラン姿の金太郎が、教室を模したステージで歌詞にある授業風景を再現。情感豊かに歌い上げました。他のメンバーは、2階席に登場! 最後にはステージに勢揃いし、マントを翻して“セイギノミカタ”になりきりました。作り込んだ世界観と遊び心で楽しませた四天宝寺中。このエンターテインメント性は、大阪ならではなのかも?

 甲斐裕次郎 with 比嘉中は『手紙』。こちらもまた地域性を活かし、三線などの楽器を生演奏。ここに甲斐の伸びやかな歌声が重なり、観客を沖縄へと誘ってくれました。これも、チームだからこそできた形。温かな雰囲気に、観客からの拍手も一層大きく響きました。歌い終えたあとのあいさつで、甲斐は「最後に“あの人”が泣くまで泣かない!」と涙をこらえながらひと言。感極まってしまうのもムリはないかもしれません。

 お次は桃城 武 with 青春学園中。『無敵なピーチタイム』の曲中、「桃太郎」の劇を披露。赤鬼と青鬼(手塚と乾)にさらわれた町娘(リョーマ)を救うべく、犬、猿、キジ(菊丸、河村、不二)とピーチキャッスルタケシ(桃城)が立ち上がるといったストーリーで展開され、他校とはまた違った盛り上がりを見せていました。ゴムパッチンで鬼退治する場面では、当然ながら悲鳴にも似た歓声が! しっかりと爪痕を残します。 
 コーナーのラストは日吉 若 with 氷帝学園中の『やれ!Do it!!』。ひたすら筋肉を追い求めるストイックでアップテンポな楽曲を、日吉と宍戸がノリノリで歌いました。また、全員がステージに現れてからは、跡部の「これが跡部式王国(キングダム)トレーニングだ! 結果にコミットしろ!」との号令もあり、さらに士気が上がる!

 全員でトレーニングという名のダンスを踊り、観客を煽っての「Do it!!」コールでシメ。他にはマネできない結束の固さで場内の熱まで上げてくれました。5校それぞれに“自分たちらしい見せ方”をしたステージ。各校の新たな魅力を感じられる時間にもなりました。

テニプリソングの頂点に輝いた曲は……!? やはりあの学校は強かった!
 各校にフィーチャーしたあとは、今回のテニフェスの目玉「テニプリソング1/800!」発表へ。梅の回ではソロ部門の上位5曲がステージ上で披露されました。5位『Decide』(手塚国光)は、観客の前で歌うのがはじめてというレアな楽曲。ミラーボールが回るなかで、力強く歌われました。また、4位の『チャームポイントは泣きボクロ』(跡部景吾)は、氷帝メンバーがコーラスでサポート。「(氷帝は)チームワーク完璧なんです」と、満足げに語りました。

 そして3位は『LASER⚡BEAM』(柳生比呂士)。「俺たちのオンリーワン」第1部でも大盛り上がりだった楽曲で、ふたたび熱狂しました。「武道館で歌いたいという想いで作った」と言うこの曲。ファンからも「聴きたい」と望まれていたと分かり、改めて喜びに浸っていました。

 そして気になるトップ2。2位は『go on』(白石蔵ノ介)、1位は『恋風』(大石秀一郎)と明かされました。どちらの歌唱者もこの日は出演していなかったのですが……曲が流れ始めると本人がステージにサプライズで登場!! 会場は歓喜の渦に包まれました。 
 とくに、歌唱後に大石が告げた「英二! 間に合ったぞ!」には、ひときわ大きな歓声が。『タカラモノ』披露時「あれ、大石? 見間違えかあ?」と言い残していたほど、大石を待ち望んでいた菊丸。これに応えた大石の言葉が、“ゴールデンペア”の健在ぶりを証明してくれました。 
 さらに“総合ランキング”の上位3曲も発表! 3位『恋の激ダサ絶頂(エクスタシー)!』(by断ち切り隊)、2位『恋風』(大石秀一郎)、1位『ここで僕らは出会ってしまった』(不二周助&手塚国光)の順で発表と歌唱が行われました。青学の楽曲がワンツーフィニッシュを飾った「テニプリソング1/800曲!」。これを受けて、「今までも、そしてこれからも、油断せずに行こう!」と鼓舞した手塚。そんな高い意識でいるからこそ、今回の結果に繋がったのかもしれません! 
 こうして、出演者全員での『Love Festival』で本編を終え、アンコール。各校の部長とU-17(アンダーセブンティーン)全員によるあいさつを終えると、青学・リョーマにバトンタッチ。リョーマは、青学ジャージを着た海堂(CV:喜安浩平さん)の写真を見せて、「海堂から送られてきたんです。全員揃いました!」と伝えました。またも青学の絆を再確認できるひととき。観客からも思い思いの声援が送られ、感動的な空気が増幅していきます。

 しかもここで、原作者・許斐 剛先生が姿を見せ、特大サプライズ! 「劇場版プロジェクト始動!」を発表しました(既報)。この日、幾度となく場内に轟いた大歓声ですが、ここで聞かれたそれは一層大きなものに。ずっと待ち望んでいた新展開に、その場に居た誰もが震えました。

 感動と驚きが包む場内。グランドフィナーレは、許斐先生の曲振りではじまった『テニプリ✮パラダイス』のパラダイスネーム全員バージョン! 観客も一緒になり「声が枯れるまで!」といった勢いで歌い、8分強ものパラダイスを楽しみました。

「俺、ほんとにみんなのことが大好きです」と最後に告げたリョーマと、終演後も声援を送り続けた観客——。そこにあったのは、双方の深いテニプリ愛。この日の公演は、長いテニプリの歴史にしっかりと刻まれることでしょう。 
「テニプリフェスタ 2016〜合戦〜」梅(Vai)の回セットリスト
01.『テニプリ✮パラダイス〜オープニングバージョン〜』全員

俺たちのオンリーワン 1
02.『グロリアス』河村隆
03.『異邦人〜エトランゼ〜』向日岳人
04.『Not ended yet』柳 蓮二
05.『リベンジ×××(ペケペケ)大作戦』田仁志 慧
06.『GARURU!!!』ジャッカル桑原
07.『空は小春晴れ♥』金色小春
08.『虹』手塚国光
09.『COPY COMPLETE』樺地崇弘
10.『未完成』仁王雅治
11.『Genius』忍足侑士
12.『恋だなう』千歳千里
13.『No Surrender』真田弦一郎
14.『STYLE』平古場 凛
15.『Invisible Bandage』乾 貞治
16.『タカラモノ』菊丸英二
17.『道しるべ』知念 寛
18.『笑顔クエスト』一氏ユウジ
19.『ICHIGAN』越前リョーマ
20.『WELCOME TO HELL』鬼 十次郎
21.『勝利への花道』越知月光&毛利寿三郎
22.『Pirates of the World』平等院鳳凰
23.『理由』跡部景吾
24.『SHADOW GAME』不二周助
25.『夢の続きⅡ』幸村精市
26.『AWAY』木手永四郎
27.『Get Sparks』財前 光
28.『LASER⚡BEAM』柳生比呂士
29.『愛してるぜ!』宍戸 亮
30.『Party Time 〜テニフェス2016 EDIT〜』リョーマ、不二、河村、忍足(侑)、向日、幸村、真田、千歳、平等院

アフレココーナー「ハロウィン合戦の回の乱」

俺たちのオンリーワン 2
31.『MAKE A CAKE〜RIKKAIスペシャル編〜』丸井ブン太 with 立海大附属中
32.『セイギノミカタ(仮)』遠山金太郎 with 四天宝寺中
33.『手紙』甲斐裕次郎 with 比嘉中
34.『無敵なピーチタイム』桃城 武 with 青春学園中
35.『やれ! Do it!!』日吉 若 with 氷帝学園中

テニプリソング1/800曲!「ソロ部門」
36.5位『Decide』手塚国光
37.4位『チャームポイントは泣きボクロ』跡部景吾
38.3位『LASER⚡BEAM』柳生比呂士
39.2位『go on』白石蔵ノ介
40.1位『恋風』大石秀一郎

テニプリソング1/800曲!「総合ランキング」
41.3位『恋の激ダサ絶頂(エクスタシー)!』by断ち切り隊(不二、宍戸、白石、千歳)
42.2位『恋風』大石秀一郎
43.1位『ここで僕らは出会ってしまった』不二周助&手塚国光

エンディング
44.『Love Festival』全員

アンコール
45.『テニプリ✮パラダイス〜パラダイスネーム全員バージョン〜』全員

>>http://tenipuri.jp/ (アニメ『新テニスの王子様』公式サイト)
>>https://twitter.com/shintenianime (アニメ『新テニスの王子様』公式Twitter)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
ソロのまとめ写真 サプライズのまとめ写真 テニスの王子様のまとめ写真 声優のまとめ写真

「ソロ」をもっと詳しく

注目ニュース
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
漫画「おおかみこどもの雨と雪」作者・優さん死去 ナリナリドットコム9月25日(月)7時1分
漫画版「おおかみこどもの雨と雪」の作者・優さんが、亡くなったことがわかった。優さんのTwitterアカウントで、夫がファンに報告している。[ 記事全文 ]
「おっぱいが完全に綱手」 叶美香、『NARUTO』の綱手様コスが“本物”でしかない ねとらぼ9月24日(日)16時5分
叶姉妹の美香さんが9月24日、漫画『NARUTO-ナルト-』に登場する5代目火影にして究極のプロポーションを持つ「綱手」のコスプレをブログ…[ 記事全文 ]
嵐・二宮和也が明かした自分に一生付いて回る「根深い悩み」とは? アサ芸プラス9月24日(日)9時58分
9月17日放送のラジオ番組「BAYSTORM」(bayfm)で、MCの二宮和也が長年の悩みについて熱く語った。[ 記事全文 ]
歌丸また入院していた…誤嚥性肺炎「今回ばかりは死ぬかと」 スポーツニッポン9月25日(月)7時28分
落語家の桂歌丸(81)が24日、都内で行われた「芸協らくごまつり」の開会式に参加し、誤嚥(ごえん)性肺炎の治療で22日まで横浜市内の病院に…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア