『ゆるキャン△』はゆる〜い空気を楽しんで! 花守ゆみりさん、東山奈央さんら声優陣が演じるキャラから感じたコト

1月3日(水)12時30分 アニメイトタイムズ

2018年1月4日(木)より放送されるTVアニメ『ゆるキャン△』(原作:あfろ/まんがタイムきららフォワード[芳文社]連載中)。本作では、キャンプ場でのリクリエーションや野外調理といったアウトドアの魅力を女子高生たちが満喫する、ゆるやかな日常が描かれます。

大自然を満喫するキャラクターたちを演じるのは花守ゆみりさん(各務原なでしこ役)、東山奈央さん(志摩リン役)、原紗友里さん(大垣千明役)、高橋李依さん(斉藤恵那役)ら人気の女性声優陣。このメンバーが登壇の先行上映イベントが2017年12月10日(日)、TOHOシネマズ新宿にて行なわれました。 
高橋李依さんの「斉藤さんだぞ!」に会場大盛り上がり!
アニメ本編終了後、会場は大きな拍手に包まれました。続いて、壇上には花守ゆみりさん、東山奈央さん、原紗友里さん、高橋李依さんが登場。一人ずつ観客に向け挨拶しました。初めのキャスト陣たちへの質問は、それぞれが演じたキャラクターについて。花守さん演じる各務原なでしこは、「自分が思う自然カワイイが削ぎ落され、段々と洗練されていっている」そうです。なでしこの一挙一動からどのような可愛さがにじみ出るのか、今後期待が高まります。そして、大垣千明役の原さんは京極義昭監督から「好きにやってください」と言われたこともあり、「好きにやってます」と笑顔。この日はメガネキャラの千明に合わせて、原さんはメガネをかけての登場となりました。続いて、高橋さんは演じている斉藤恵那が“斉藤さん”としか呼ばれることがないため、“恵那”という名前を覚えて帰ってほしいと話しました。さらに、斉藤さんネタはエスカレートし、他のキャスト陣から「名前なんだっけ?」と振られると、「斉藤さんだぞ!」という芸人ネタで会場の笑いを誘いました。 
OP・EDを担当する亜咲花さん、佐々木さんのミニライブ開催
その後は、作中の気になるキャラクターの話題では「まつぼっくりさん」というキャラクターが、キャスト陣一致で人気。そしてキャンプ経験について、4人は未経験ながらも、共演している豊崎愛生さんが経験豊富であることが判明しました。トークがひと段落したところで、OPテーマ「SHHINY DAYS」を歌う亜咲花さん、EDテーマ「ふゆびより」を歌う佐々木恵梨さんが登場。それぞれ一曲ずつミニライブが行われました。

まずは亜咲花さんが「SHHINY DAYS」を披露。キャンプの最中の楽しさではなく、キャンプに行くまでの道のりや準備段階のワクワク感を表現しているそうです。曲調も明るく、各務原なでしこのイメージにぴったり。続いて、佐々木恵梨さんが「ふゆびより」を歌い上げました。この曲は一人キャンプの楽しさ、仲間とのキャンプの楽しさも詰め込んだ曲になっているとのこと。また、東山さんは「初めて聞いたときにリンのイメージがあった」と語ってくれました。最後にキャスト陣を代表して、花守さんが「ゆるキャンは空気を楽しんでいただきたい作品。12話まで見て、キャンプ行きたいなって思ってもらえたら勝ちだと思っています」と想いを語り、イベントは終了となりました。[取材・文/冴島友貴]

アニメイトタイムズ

「キャラ」をもっと詳しく

「キャラ」のニュース

BIGLOBE
トップへ