巨人軍伝統の「28歳最強説」は誰に継承されるのか?

1月3日(水)11時0分 文春オンライン

もしあの補強がなかったら今頃……


 プロ野球ファンはストーブリーグに夢を見て、ペナントレースで現実を知る。


 巨人ファンは昨季、13連敗の厳しい現実に直面した。だから、正月くらい明るく2018年はチーム再建元年と祝っていたい。正直、賛否の分かれたゲレーロと野上亮磨の補強だが、冷静に振り返ってもしも両者の補強に失敗していたら……と考えるとゾッとする。考えてみてほしい。「11年ぶりのBクラスで初めてCS出場を逃し、ドラフトではあっさり清宮君を外し、村田さんやマイコラスは退団しました」という切羽詰まった状況で、ハイ補強もしくじりましたじゃ悲惨すぎて話にならない。まるで「忘年会で財布を失くし、スマホをドブに落とし、クリスマス2日前に彼女に振られました」みたいな状況のまま年を越すハードさだ。新年も死ぬほど暗い雰囲気になっていたと思う。もちろん彼らが花の都大東京で活躍できるかはまだ分からない。もしかしたら西武に人的補償で移籍した高木勇人が新天地で復活するかもしれない。けど、今は能天気にゲレーロ40本塁打と野上二桁勝利を信じよう。だって、めでたい年明けだから。

 

 2018年の巨人先発陣は沢村賞投手の菅野智之、左のエース田口麗斗、2年目右腕の畠世周、昨季パ・リーグで11勝を挙げた野上。そして、色々あって結果的に1年間ほとんど休んだ形になった山口俊は秋にジャイアンツ球場でエグいボールを投げ込んでいた。マイコラスは抜けたものの、彼ら5人をベースにした先発ローテはリーグ上位クラスだと思う。そしてオフのスポーツ報知でよく見たのが、若手投手陣の「菅野さんに色々教わりたい」というコメントだ。全盛期を迎えつつある背番号19は早いもので28歳。今季プロ6年目、気が付けば完全にチームの大黒柱である。


巨人に代々伝わる『28歳最強説』


「女が最高値で売れるのは27。私の統計では27歳が売り時のピークなの。それを越えたら値崩れを起こすわ」


 十数年前、フジテレビで放送された月9ドラマ『やまとなでしこ』で松嶋菜々子演ずる桜子さんの有名な台詞である。現代なら軽く炎上しそうなコメントだが、このドラマは平均視聴率26.4%、最高視聴率は34.2%という記録を叩き出している。なんでもないようなことが幸せだった、あの頃の月9ドラマ全盛期と巨人ナイター中継黄金期。そう言えば、自分も昨季のシーズン中にとあるコラムで「28歳最強説」を書いた。


 あの松井秀喜が50本塁打を放ったのが28歳のシーズン。坂本勇人がセ遊撃手初の首位打者に輝いたのは同じくプロ10年目。阿部慎之助が球団捕手初の30発・100打点をクリアしたのも28歳の2007年。斎藤雅樹以来の3試合連続完封を記録したエース菅野も28歳になる……という内容だ。ちなみに原辰徳もキャリアハイの本塁打数は28歳の86年シーズンだった。野球選手にとって28歳は肉体面と経験値が高いレベルで合致して一種のピークを迎えるのだろう。振り返ると、歴代の巨人ではいつの時代も20代後半の主軸がど真ん中にいたわけだ。



由伸監督に託された最大の仕事とは?



高橋由伸監督 ©文藝春秋


 その伝統の流れが、ちょっとヤバイ状況にある。特に野手陣はキャプテン坂本が今年30歳を迎えるリアル。じゃあ坂本の次は誰を中心に……っていうのがまったく見えてこない。公開中の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でハン・ソロやルーク・スカイウォーカーに代わる主役の継承がいまいち上手くいっていないと話題になっているが、何事もスムーズな世代交代は難しい。


 数年前、ジャイアンツ球場を湧かせていた大田泰示、中井大介、藤村大介、橋本到、立岡宗一郎らの世代だが、大田はすでに日本ハムでリスタートを切ってるし、89年生まれの中井はもはや若手ではないし、藤村は現役引退、若いと思っていた橋本や立岡ですら今年28歳になる。もちろん14年ドラ1の岡本和真、16年ドラ1吉川尚輝には期待してる。彼らの出場機会を作る為にベテラン村田さんを放出までしたのだから、何がなんでもレギュラーを掴んでほしい。しかしその一方で誤解を恐れず書けば、岡本や吉川というのは、選手のスケールやスター性やチーム内の立ち位置的に言ったら一昔前の駒田徳広や岡崎郁、もしくは清水隆行や仁志敏久ではないだろうか? どちらかというと主役がいてこそ生きる実力派脇役タイプ。だが、スポーツ新聞やスポーツ番組の報じ方を見ていると、まるで岡本や吉川に未来の松井秀喜や原辰徳のようなチームのど真ん中を託す的な論調が目立つ。もちろんファンだったらそれで全然いい。だが、大手メディアがそういう論調で煽るのはちょっと違和感がある。


 映画でもプロ野球チームでも主役と脇役が適材適所で配置され、ひとつの形になる。だが、今の巨人若手野手陣には主演を張れるような選手がいない。いわゆるひとつの力不足。勘違いしないで欲しいが、選手たちに罪はない。大きな要因はドラフト会議にある。月刊ジャイアンツの松井特集にさりげなく書かれていたが、巨人が「3球団以上競合した1位指名」で当てたのは80年原辰徳と92年松井秀喜の2回のみ。なんと現在10連敗中らしい。つまり、逆指名を除くと目玉大物選手はこの25年間ひたすら抽選で外しまくり、だったらと独自路線に走り微妙な結果に終わる。その悪循環が現在のチーム停滞に繋がっていると言えるだろう。


 えっ結局クジ運? そう高橋由伸監督の悲劇は「高橋由伸のような若手」に出会えていないことである。由伸はルーキーイヤーにいきなり打率3割を放ち、24歳で迎えた2年目には打率.315、34本、98打点という凄まじい成績を残し、ペプシのテレビCMにまで出演している。もしも、こんな若きスーパースターが今の巨人にいたら雰囲気も一気に変わるだろう。ノスタルジーと笑われるかもしれないが、20代前半の松井や由伸がクリーンナップを打っていた頃は見ていて楽しかった。だって彼らに対して、誰も「育成」なんて言わなかったから。プロ野球の最大の魅力は、傑出した「才能」が「育成」のノウハウやロジカルを破壊する瞬間だと思う。


 いつの日か、そう遠くない未来に由伸自身の“背番号24”を継承させたくなるような天才をドラフトで引き当ててほしい。それが個人的な2018年の初夢である。


 さて、今年は初詣のおみくじで大吉引けるといいなぁ……。

 

 See you baseball freak……


◆ ◆ ◆


※「文春野球コラム ゆく年くる年2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/5734 でHITボタンを押してください。





(プロ野球死亡遊戯)

文春オンライン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

巨人をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ