BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

日本のラノベのネット小説化に戸惑う中国のオタク

ダ・ヴィンチニュース1月3日(日)9時0分
画像:第18回は中国のオタク界隈における日本のライトノベルの立ち位置、日本のネット小説に対するイメージなどに関して紹介
写真を拡大
第18回は中国のオタク界隈における日本のライトノベルの立ち位置、日本のネット小説に対するイメージなどに関して紹介
 中国オタク事情を連載している百元です。第18回は中国のオタク界隈における日本のライトノベルの立ち位置、日本のネット小説に対するイメージなどに関して紹介させていただきます。
「軽小説」(ラノベ)とは、ネット小説とは違うオタク向けの娯楽のブランドだった

 中国にはオタク向けの日本のコンテンツに関して「ACG」(アニメ、コミック、ゲーム)という言葉がありますが、近年はライトノベル(中国語で「軽小説」)の存在感が増してきて、ゲームの代わりにライトノベルが入ってきている感もあります。

 中国でオタク層が形成される原動力になったアニメには『涼宮ハルヒの憂鬱』『灼眼のシャナ』『ゼロの使い魔』といったライトノベル原作の作品が多く、それに加えて文学青年層や日本のミステリ小説のファンがラノベ読みと重なることもあり、日本のライトノベルはある種のオタク的なブランドとして認識されているような所もあります。

 またライトノベルは読み応えがあり、設定などの「語れる要素」も多く比較的コストパフォーマンスが高いものであったことも、中国のオタク界隈における強さに繋がっているようです。このような背景もあってか、ライトノベル原作のアニメは放映開始前から一定のファンや「作品について語れる」層が形成されているケースも多く、他の原作系アニメに比べて手堅い人気となる傾向も見受けられます。

 しかし、日本のライトノベルにネット小説出身の作品が増加している近年の流れに関しては、戸惑いの声をあげる中国のオタクの人が少なくありません。

中国のネット小説と「違うはずだった」日本のライトノベル

 実はオリジナル系のネット小説に関しては、日本よりも中国の方が進んでいる点が数多く存在します。中国のネット小説は00年代の前半頃から急速な発展を続けている、中国における数少ない「海賊版に潰されず独自に発展したコンテンツ」と言うこともできます。

 中国のネット小説は「コピーされる以上に安く大量に提供すればいい」といったような勢いで非常に多く提供されており、映画やドラマ、ゲームの原作としても重宝されていますし、最近増加している若者、オタク向けの国産アニメの原作として活用されています。

 また「起点」をはじめとする中国のネット小説サイトは文字数ベースの従量課金や月額課金などによるサービス提供が確立しており、課金の一部がネット小説の作者に入るので、人気作品を連載できればネット小説の稼ぎで食っていける、更には商業出版やドラマ化、ゲーム化といった「夢」もある……とされているそうです。

 中国ではネット小説が独自の強力な娯楽ジャンルとなっていることもあってか、これまで中国のオタク界隈では日本のライトノベルは日本文化枠やオタク枠、一般向けのネット小説とはちょっと違う存在のようにも扱われていました。

 そんなわけで「ネット小説とは別物」と認識されていた日本のライトノベルがどんどん「ネット小説化」していくように見える最近の動向に関して、戸惑ってしまう中国のオタクの人も少なくないようです。

ネット小説作品が原作のアニメはOK?

 もっとも、日本のネット小説を原作としたアニメが人気になっているケースも少なくありませんし、ネット小説出身のライトノベルを受け入れられないわけではない……という見方もできそうです。

 例えば以前のコラムでも書いたように、『ソードアート・オンライン』は近年の中国における代表的な人気作品になっていますし、最近では『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』や『オーバーロード』といった作品も人気を獲得しているようで、特に『オーバーロード』はトリップ、ネトゲ転生系の亜種としての側面が評価されたりもしているという話です。

 ネット小説に関して日本と中国ではその環境や背景、人気となっている要素など異なる部分が数多くありますが、それと同時に話の内容や展開、特にいわゆる「テンプレ的な要素」に関しては、共通している部分も少なくありません。ネット小説出身の作品に限らず、ライトノベル原作のアニメに関して、中国のオタク界隈ではそういった「テンプレ的な要素」のアニメによる映像化を楽しんでいるような反応を見かけることもあります。

「トリップ」や「俺TUEEEE」はネット小説における日中共通のお約束

 最後に、日本のネット小説と中国のネット小説の内容で共通する「テンプレ的な要素」に関して紹介させていただこうかと思います。

 中国のネット小説だろうと日本のネット小説だろうと、「よくある話」「テンプレ的な展開」というのがイロイロとあるかと思いますが、中でも「トリップ」(中国語では「穿越」)系の作品は、日中どちらでもよくある話です。

 トリップ(穿越)系の作品は中国のネット小説でも一大ジャンルとなっていて、異世界や過去にトリップしたり転生したりして、やはりその際にはチートな能力を得たり現代の知識やアイテムを持ち込んで大活躍、無双するというのもお約束となっています(そしてそんな「俺TUEEEE」な主人公やその活躍を指す「龍傲天」という言葉も存在します)。

 もちろんトリップの方法や、チート能力を得る展開などに違いもあるようですが、大まかな流れとしては似たようなものに見えるのも確かだとか。ちなみに中国の「穿越」は、日本の作品からの影響もあるそうで、マンガでは『王家の紋章』や『龍狼伝』、ライトノベルでは『ゼロの使い魔』といった作品の与えた影響も無視できないという話です。

 このようにトリップ(穿越)に限らず、ネット小説にはお約束、テンプレ的な展開に共通する所が少なくないのもあってか、中国のオタク界隈では日本のネット小説系ライトノベル原作のアニメに「ネット小説でお約束の展開、よくある妄想ネタがアニメで映像化された!」という方向から歓迎されることもあるとのことです。

文=百元籠羊

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
小説のまとめ写真 中国のまとめ写真 オタクのまとめ写真 日本のまとめ写真

「小説」をもっと詳しく

注目ニュース
稲村亜美ファースト写真集「面白い脱ぎ方したくて」 日刊スポーツ6月25日(日)13時28分
タレント稲村亜美(21)が25日、ファースト写真集「どまんなか」(26日発売)の発売記念握手会を開いた。3月にハワイで撮影。[ 記事全文 ]
山崎夕貴アナ、おばた浮気をバッサリ「最悪の気分」 日刊スポーツ6月25日(日)11時4分
フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(29)が、交際中のお笑い芸人おばたのお兄さん(29)の浮気発覚に「最悪の気分」と吐露した。[ 記事全文 ]
松本人志、小林麻央さんを追悼「こういう人を“美しい人”というんじゃないですか」 モデルプレス6月25日(日)10時31分
【松本人志/モデルプレス=6月25日】お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、25日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(毎週日曜あさ10…[ 記事全文 ]
小嶋陽菜、ベッドで“挑発”セクシーショット披露に反響「ドキッとした」 クランクイン!6月25日(日)11時45分
モデル、タレントとして活躍する小嶋陽菜が22日、自身のインスタグラムとツイッターを更新。[ 記事全文 ]
市川海老蔵「涙で台本みれない」 モデルプレス6月25日(日)11時23分
【市川海老蔵/モデルプレス=6月25日】歌舞伎俳優・市川海老蔵が23日、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで緊急会見を行い、乳…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 市川海老蔵が語った「僕を変えてくれた」小林麻央さんの“献身愛”に感動週刊女性PRIME6月24日(土)4時0分
2 『青少年アシベ』って本気か! 少年アシベ新作が『月刊アクション』で連載へ、作画は森下裕美指名のBL作家ねとらぼ6月24日(土)13時13分
3 会見前に小林麻央さんの死去報道… 海老蔵の「お察しください」を無視したマスコミに非難殺到BIGLOBEニュース編集部6月23日(金)12時53分
4 松本人志、小林麻央さんを追悼「こういう人を“美しい人”というんじゃないですか」モデルプレス6月25日(日)10時31分
5 「バトルシップ」放送中止でツイッターに「奇祭」 浅野忠信も「参戦」で大盛り上がりJ-CASTニュース6月24日(土)15時3分
6 NMB48須藤凜々花の異変を察知していた?徳光アナ、結婚宣言の舞台裏を明かすモデルプレス6月24日(土)11時45分
7 倉科カナ、美少女時代の写真公開で「人生ずっとモテ期?」 ウェディングドレス姿公開には「心臓に悪い」の声おたぽる6月25日(日)9時0分
8 市川海老蔵、会見から一夜「まおと私は共に生きます」 子どもたちの様子もモデルプレス6月24日(土)9時40分
9 ディーン・フジオカとのキスで窒息寸前? 貫地谷しほり「おぼれそうだった」オリコン6月24日(土)14時14分
10 福山雅治、“BLラジオドラマ”に反響殺到で「審議したい」 ネット上で議論が白熱モデルプレス6月24日(土)18時34分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア