『わろてんか』葵わかな&松坂桃李、新春メッセージ到着「2018年もチャレンジを」

1月3日(水)5時0分 クランクイン!

『わろてんか』葵わかな&松坂桃李から新春メッセージが到着(C)NHK

写真を拡大

 放送も折り返しを迎え、4日より後半戦がスタートするNHK連続テレビ小説『わろてんか』。新年にあたり、ヒロイン・てん役の葵わかなとその夫・藤吉を演じる松坂桃李から、新春メッセージが到着した。葵は2018年の抱負として「人と積極的に関わることや、てんちゃんのように誰とでも心を開いて、色んな事にチャレンジしていく年にしたいです」と語っている。 『わろてんか』は、いつも周りに“笑い”をふりまくヒロインの北村てんが、ひょんな事から夫の藤吉とともに、夫婦で寄席経営を始め、“笑い”をビジネスにした日本初の女性と言われるまでになる姿を描く物語。キャストには、高橋一生広瀬アリス大野拓朗や前野朋哉、濱田岳も名を連ねている。

 2018年の抱負を聞かれた葵は「チャレンジする気持ちは忘れないでいたいです。今回の現場で、みんなで一緒にモノを作ることの可能性を強く感じました。なので、人と積極的に関わることや、てんちゃんのように誰とでも心を開いて、色んな事にチャレンジしていく年にしたいです」とコメント。一方の松坂は「2017年にやってきたことの成果を出すことが目標です。あとは、VR機器を買うことですかね(笑)」と明かす。

 『わろてんか』に参加してうれしかった出来事に話が及ぶと、葵は「一番を選びがたいくらいですが、毎日の撮影がとても楽しいことです。嬉しかったのはやっぱり『笑顔がステキ』と言ってもらえたことかな。てんちゃんを演じる上でキーになるのが笑顔なので」と述懐。松坂は「濱田岳くんと高橋一生さんと再び共演が出来たことが嬉しかったです。『軍師官兵衛』で共演しましたが、大阪の地でもう一度集まることができて感激です」と回答。「あと、兵動大樹さんとごはんに行けたことが楽しかったです。話が面白すぎて、ごはん食べている間ずっとリアルにスベらない話で最高に楽しかったです」と振り返り、いいムードの中で撮影が進んでいることを感じさせた。

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』は総合テレビにて月曜〜土曜8時放送。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

わろてんかをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ