EXOカイ、倉科カナを強く抱きしめ…主演ドラマ『春が来た』場面写真公開

1月3日(水)15時0分 クランクイン!

EXOカイ主演ドラマ『春が来た』場面写真公開(C)WOWOW

写真を拡大

 アジアで絶大な人気を誇るトップグループのメンバーであるカイ(EXO)が日本のドラマで初主演を務め、倉科カナらと共演する『連続ドラマW 春が来た』(WOWOW)の場面写真が公開された。 向田邦子の傑作短編「春が来た」を基にする本作は、うだつの上がらない父・周次(佐野史郎)、くたびれた部屋着で過ごす母・須江(高畑淳子)、生意気で可愛げのない高校生の妹・順子(古畑星夏)との4人暮らしを送る、地味で冴えない31歳の独身販売員・岸川直子(倉科カナ)が、韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイ)との出会いをきっかけに、少しずつ変わっていく姿を描くヒューマンドラマ。

 解禁された場面写真では、カメラマンとして微笑みを向けるジウォンの姿や、直子と共に仲むつまじく台所で交流を図る光景。さらに、直子の父母を前に神妙な面持ちで何かを告げるジウォンの姿や、強く抱きしめ合いたがいに想いを巡らせるかのようなワンシーンなどが描かれている。

 『連続ドラマW 春が来た』(全5話)は、WOWOWプライムにて2018年1月13日より毎週土曜22時放送 。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ