モー娘。新垣卒業「本格的にお芝居の勉強をしたい」

1月3日(火)14時26分 J-CASTニュース

   モーニング娘。7代目リーダーの新垣里沙が2月18日(2012年)から始まる春ツアーの最終公演をもって、グループおよびハロー!プロジェクトを卒業することが1月2日に発表された。



   新垣は、5期メンバーとして合格。2001年10月発売のシングル局「Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド〜」から参加して以来、持ち前の笑顔と明るさでグループを支えてきた。



   プロデューサーのつんく♂は「歌やRAPにもチャレンジし、この数年間はグループの歌唱の中心を担ってきてくれている新垣。そんな新垣に次への襷を渡してやるのも我々の使命」とコメント。新垣本人も「卒業は1年くらい前から考えていたこと」と話しており、2011年秋に卒業した高橋愛と一緒に卒業することも視野に入れていたが、新メンバーの加入などもあって今まで時期をうかがっていたのだという。



   最後には「モーニング娘。卒業後は、本格的にお芝居の勉強をして、舞台やドラマを今まで以上に、そしてグループでの活動の中では経験出来なかったことなどにもチャレンジしていきたいと思っています」と話し、ブログでも「モーニング娘。でいる残り数ヶ月…悔いの無いように、精一杯頑張りたいと思います」と意気込みを綴っている。



   なお、卒業時の在籍期間は10年9ヶ月で、新垣は「モーニング娘。在籍最長記録」保持者となる。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

卒業をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ