いくらはサケ…すしがネタの原形に 世界初の逆再生変形玩具

1月3日(金)13時0分 J-CASTニュース

まぐろ、いくら、いか、かっぱ巻き、たまごの全 5 種

写真を拡大

   バンダイは、自販機専用カプセル商品として、寿司型のフィギュアを分解して組み替えると元の食材の形になる変形玩具「逆再生 モトモドル 寿司モドル」を2014年1月22日に全国のカプセル自販機で順次発売する。



「元の姿に戻るとおもしろいもの」がテーマ


   「まぐろ」「いくら」「いか」「かっぱ巻き」「たまご」の全5 種で、一貫の寿司のフィギュアを、そのネタの素材の形に組み替えられる。


   マグロの刺身が乗った「まぐろ」は鮮魚のマグロの状態に展開し、軍艦巻きの「いくら」はサケの鮮魚に、イカの切り身が乗った「いか」は丸まる1本のイカに、「かっぱ巻き」はきゅうりに、卵焼きが乗った「たまご」は卵に組み替えられる。


   子供には食材に興味を持つきっかけとし、大人には変形遊びのおもしろさを体感させるのがねらい。幅広い層の男女をターゲットにしている。


   バンダイでは、「逆再生 モトモドル」をシリーズ化し、「元の姿に戻るとおもしろいもの」をテーマにさまざまなモチーフで商品化する予定だ。


   対象年齢6歳以上。


   カプセルの直径は50mmで、1カプセル1個入り。1回200円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

世界初をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ