注目ワード北朝鮮・演習 錦織圭・今季 韓国・合同 広陵・中村 漫画・浮浪雲 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【スターコラム】SISTAR、ダンサーのボラ VS 顔の広いボラ — Vol.2

Kstyle1月3日(木)11時6分


日焼けした肌の健康美人、愛嬌一杯の声で多くの男性ファンたちの愛を受けているSISTARのボラ。ダンスへの情熱だけで歌手としての道を選んだ。昼夜を問わない練習と、疲れを知らない情熱が今のボラを作った。今まで誰にも明かしたことの無かった本音を打ち明ける。情熱溢れるダンサー、ボラの話を聞いてみよう/編集者

NAVER スターコラム:SISTAR



ダンスを始める子どもの頃の私の夢はピアニストだった。ピアノが好きだったし、楽器に触れることが不思議だった。今考えてみると、鍵盤を弾いて色々な音を出すことが楽しかったんだと思う。その時は漠然とピアノを弾く人になりたいと思っていた。ピアニスト! それが私の初めての夢だった。




2番目の夢はバレリーナ!バレエは小学校の頃、偶然の機会で始めた。小学校3年生の時から中学校の時まで、バレリーナになるために誰よりも頑張った。しかし、当時経済的に厳しかった家の事情により、夢を諦めるしかなかった。たまに私がバレエを続けていたら……どのような姿だろうかと想像してみたりする。



バレエを辞めた私は高校に進学してからダンスサークルに入り、今まで学んできたこととは全く違う新しいダンスの世界に魅了された。(当時ダンスは私にとって新世界だった+?+)



初心に戻った私は、ダンスの基本から着実に学び、放課後にも1人で残って練習するほど夢中になっていた。学校で開かれるダンス大会と、あらゆるイベントにも欠かさずステージに立った。その時からだろうか。ステージで踊る瞬間、私は世界で一番幸せな人になり、いつの間にかダンスは人生の一部になっていた。




そのようにダンスに夢中になって高校時代を過ごした私は、大学に進学する時も、何の迷いもなくミュージカル学科を選択した。バレエ、現代舞踊、韓国舞踊、ヒップホップ、ミュージカルダンス、タップダンス、ポールダンス、ダンススポーツなど、今もダンスに関しては限りなく欲が出る。たまに「どうすればダンスが上手になれるのか」を悩む人がいるけど、ダンスはまず、楽しむべき! そしてダンスと恋に落ちる瞬間、自分に近づいて来る^^ (難しいからと言って諦めてはいけません〜!)



このように大好きだったダンスは、私に本当に大きいプレゼントをくれた。まさに「SISTAR」。SISTARのメンバーとしてステージで踊っている今、世の中の全てを手入れた気分だ。ダンスでSTAR1のファンの皆様に出会い、人々から人気も得たから。これからもボラのダンスへの情熱と愛は終わらないだろう。 Forever〜〜!





# 私の“ベストフレンド”を紹介します。SISTARとしてデビューしてから親しい芸能人の友達も出来た。(SISTARメンバーは既に家族のような存在だから^^ 外すよ〜) 私が今から紹介する大事な友達! まだ友達には恥ずかしくて言えなかったことも多いけど、この場を借りてそっと話してみたいと思う。




私の1番目の友達は同じ歳の姉妹(?)のJEWELRYのメンバーキム・イェウォン!



イェウォンは芸能人の友達であり、同郷の友達でもある。私の母とイェウォンの母の故郷は珍島(ジンド)! 今もイェウォンと私の母の方の親戚は隣人同士だし、不思議なことに私たちが出会う前から家族同士では知り合いだった。



これくらいになると、普通の縁ではないと思う。(私1人だけの考えかな?ハハ) このように結ばれた私たちは、よく会って話し、遊びに行ったりして、もっと親しくなった。たまにイェウォンと一緒に出演中の「青春不敗」での姿を見て「ふたり、仲悪いのでは? 喧嘩でもした?」と誤解されたりもする。むしろ、本当に親しく、打ち解けた仲なのでそういう風に見えるだけで、心配は要りません! (放送は放送に過ぎない、誤解しないように!)




イェウォンと私は同郷で、肌の色も2人とも黒く、時には「姉妹なのでは?」と考えるほどだ。キム・イェウォン! (苗字をつけるのが愛称^^) いつも感謝しているし、大事にしているよ。ファイトしよう! いつもありがとうね!



2番目の友達はMBLAQのミル! ミルのあだ名は“チョリョン”だ。本名がパン・チョリョンなので、私たちは可愛くそういう風に呼んでいる^^ 放送でのミルは悪戯好きで我がままのように見えるけど、実際は誰よりも真面目で他人を配慮する子だ。年下だけど私が迷っているときに道を探してくれるありがたい存在(私のほうが年上なのに…泣) 私もこれからはミルに姉として、また友達として力になりたい。




最後に「青春不敗」で出会った少女時代のサニー。



放送スタートの頃は、気安くサニーに近づけなかった。「少女時代」という名前は、当時私にとって高いところにある存在で、歌謡界の大先輩でもあったから! しかし気さくな性格のサニーと私は、色々なことでお互いのことを配慮しながら、急速に「ベストフレンド」になった。



サニーはクールな性格で愛嬌の多い、魅力の塊だ。たまに家でドラマや映画を観ながら私のことを考えると言ってくれたりする。サニー! 私もそういう時、あなたのこと考えるよ〜〜〜〜?





# ミュージカル学科ユン・ボラです。ダンスへの情熱でいっぱいだった高校の頃、私はミョンジ大学ミュージカル学科に進学すると心を決めた。心を決めてからは食事の時間まで削りながら、練習室で夜な夜な実技試験の準備をした。今も堂々と言えるほどに、本当に一生懸命に努力し、その結果入学という喜びを味わった。



頑張って入学したこともあって、私は学校への愛情が大きかった。第1回ミョンジコンテストで受賞した思い出、学園祭の時も欠かさずステージで踊った。特に! 同期と先輩、後輩、教授と作った思い出が本当に多い。大学生活は私にまた違う幸せを与えてくれた。



タレントと才能を兼備したミュージカル学科第5期! 私は学校の練習室で同期と一緒に練習し、夜遅く家に帰ったりした。時には教授に朝まで練習すると叱られたりもした^^ それだけ情熱的だったし、学校で学ぶ全てが楽しかった。



今までも、あの頃を思い出すと、思わず微笑んでしまう。在学中にデビューしたので休学せざるを得なかったが、再び学校に戻り、活動中でも学校に通うために努力している。学校に行くと今も私をSISTARのボラではなく、同期として接してくれて、愛情を注いでくれる友達に感謝している。(私は本当に人間関係においては恵まれているようだ。アハハ) 私の宝物のような同期たち! ミョンジ大学ミュージカル学科5期! 私たち、みんな成功しよう! アジャ! アジャ!






# 欠かせない私の妹たち、ヒョリン、ソユ、ダソム ハロ〜!私の“可愛い子ちゃん”たち! 私が一番年上だけど、いつも大人らしいあなたたちを見るたびに、学ぶことが多いよ。練習生の時代から今まで一緒に過ごしてきた時間を思い返してみると、全部良い思い出だね。




私は私たちメンバーと一緒にSISTARというグループに所属している事実に本当に感謝している? これから一歩ずつ上に上がり頂点に立とう! 一緒なら、どんな難関も乗り越えられるでしょう? 違う?^^ 愛してるよ? 我が妹たち! そして最後に、私はあなたたちの笑いのセンスを見習いたい! 私の愛嬌をあげるからあなたたちのお笑いを伝授して。ハハハ(お笑いセンスに溢れるボラに生まれかわってやる!!)



これから私たちが一緒に作っていくであろう未来を考えると、ドキドキしたりもするの。しかし、もう一方では、お姉さんとしてあなたたちに大きな力になれるか、心配でもあるの。及ばずながら、お姉さんを信じてね^^ 私たち一緒に、今のように頑張って最善を尽くそう! 愛しているよ、みんな^^







文:SISTAR ボラ


「NAVER スターコラム」は、注目の俳優やアイドル、アーティストたち本人がコラムを執筆。話題のスターが直接書いたコラムをお届けしています。
NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle
注目ニュース
海老蔵「15,6時間」麻央さんの大手術を振り返る 日刊スポーツ8月21日(月)23時23分
歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が、今年6月に亡くなった妻の小林麻央さん(享年34)が闘病中に受けた、15〜6時間にもおよんだという大手術を…[ 記事全文 ]
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは アサ芸プラス8月21日(月)17時59分
夫の遺族が公開した遺書により、芸能活動継続の危機に瀕している元SPEEDの上原多香子。[ 記事全文 ]
続々出演取り止め!宮迫博之に残された道は「自宅謹慎」 まいじつ8月21日(月)19時1分
(C)まいじつ『週刊文春』誌上でふたりの女性との不倫疑惑が報じられ、出演していた保険会社のCMがホームページから削除された上に「違約金10…[ 記事全文 ]
松居一代「不倫は不道徳」船越英一郎に謝罪求める 日刊スポーツ8月22日(火)9時10分
夫で俳優の船越英一郎(57)と離婚調停中のタレント松居一代(60)が、「素直に謝るべき」と謝罪を求めた。[ 記事全文 ]
読売1面〈首相「3選望まず」6割今の総裁任期まで〉の衝撃 NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
2018年9月の自民党総裁選で3選を果たし、2020年に自らの政権下で新憲法施行を果たすことは、安倍晋三首相の宿願だった。[ 記事全文 ]

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア