菜々緒、新春からミニスカ衣装で大胆な開脚姿を披露! 「いいもの見せてもらった」と歓喜の声

1月3日(土)20時0分 メンズサイゾー

 2日放送の『超人気番組が一挙集結 夢の祭典! 番組対抗! ドッキリアワード2015』(TBS系)で、菜々緒(26)がパンチラを披露した。芸能界きっての美脚の持ち主と知られる菜々緒の貴重なお宝シーンは、すでにネット上でも話題となっており、いくつものキャプチャー画像が貼られているほど。新春からミニスカ衣装で大胆な開脚姿を見せた菜々緒には、「ありがたい」「いいもの見せてもらった」などの声が寄せられている。


 13日からスタートする新ドラマ『まっしろ』(同)に出演する菜々緒は、その宣伝を兼ねて番組に登場。主演の堀北真希(26)から、「心霊ドッキリ」を仕かけられると、当初は余裕の笑顔を見せていたものの、次第に深刻な表情になるという、ターゲットとして完璧なリアクションを見せた。


 突如停電が起こったり、備品の花瓶が割れたりする中、撮影が続けられるスタジオで徐々に険しい顔になっていく菜々緒。堀北は、そんな菜々緒を見て嬉しそうな笑顔を浮かべ、ドッキリの仕かけ人というより、いち視聴者のように楽しんでいたが、エスカレートしていく心霊現象に、菜々緒の顔色は青白くなっていく。


 最後のドッキリとして、いきなり堀北が倒れてしまうというネタが用意されていたが、なぜか堀北は倒れず、代わりに床に突っ伏したのは共演者の高梨臨(26)。仕かけ人でありながら、ドッキリ当初からグダグダな様子を見せていた堀北に対して、スタッフサイドが不安を抱いたのかはわからないが、迫真の演技で倒れ込む高梨に、菜々緒の緊張感はマックスに。そしてネタバラしの際に強烈な酸素ガスを浴びせられた菜々緒は、驚きのあまり思わず股を広げてしまった。


「病院を舞台にした新ドラマでは、女優たちのナース姿にも注目が集まっています。今回のドッキリでも、堀北さんをはじめとする美しい女優たちのナースコスは、見ものでしたね。とりわけ菜々緒さんは、際立って短いスカートの衣装で、長い脚をこれ見よがしに披露しています。驚いた拍子のパンチラでしたが、あのミニスカではしょうがない(笑)。ドッキリとはいえ、あまりにも露骨なシーンになってしまえば、カット候補にもなりますが、きっちりと放送されていたので、番組的にも最初から狙っていたのかもしれませんね。菜々緒さんも、パンチラ程度は覚悟していたのでは?」(芸能関係者)


 ドラマの宣伝目的であるドッキリのターゲットになった菜々緒とすれば、ハプニング的なパンチラとはいえ、ネットで話題になったことで、大きな役目を果たしたといえそうだ。また、ドッキリの仕かけ人を務めた堀北にも、ネット上から「グダグダだけど可愛い」「好感度高いな」といったコメントが寄せられており、主演女優の評判も上がった模様。今回のドッキリは番宣として上々の結果を残したといえる。


「ドラマの出来は脚本や演出が大きな部分を占めますが、その結果を背負うのは、やはり主演を務める俳優となります。今回のドラマも、視聴率が良ければ褒められるのは堀北さんになりますし、逆もしかりです。しかし視聴者の中には、ドラマの内容云々ではなく、主演女優を目的にチャンネルを合わせる人も多いですから、制作サイドとしては、堀北さんのファンは是が非でも取り込みたいところ。今回のドッキリで堀北さんは、仕かけ人としてはポンコツな姿を見せたと話題となっていますが、その一方でさらに好感度を上げ、新ドラマの大きな弾みとなりました」(前出)


 天然ボケともいえる姿を見せた主演の堀北と、脇役ながら自慢の美脚から魅惑的なパンチラを披露した菜々緒。ストーリーの展開も気になるところだが、新ドラマでは異なる角度の魅力を見せる2人にも注目が集まることだろう。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

菜々緒をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ