ポロリ寸前!? 天木じゅん、新年からIカップ乳こぼれる眼福ショット連投でファン大歓喜

1月3日(火)18時0分 メンズサイゾー

 「奇跡の低身長ロリ巨乳」として知られるグラビアアイドルの天木じゅん(21)が、新年からサービスショットを連発。ネット上の男性たちがIカップ乳の大解放に沸き立ち、ファンの更なる急増によって2017年早々から猛ダッシュとなりそうな気配となっている。


 天木は1月1日の深夜から自身のTwitterにセクシーグラビア画像を連投。「お正月グラビア」と題し、それぞれ赤と白のバックに大胆なビキニ姿でIカップ乳の谷間を露出するという「紅白グラビア」を披露した。続けて海辺でビキニ姿になっている定番のグラビアショットや、胸元にリボンのついた「新年のプレゼント」かのような大胆でキュートな水着姿などを掲載。いずれもバストがこぼれ落ちんばかりになっており、特にリボンのついた水着はバストトップ以外はすべて見えてしまっているほどの大サービスぶりだ。


 さらに、3日にはビキニ姿の極上プロポーションを前後左右から激写した「360度グラビア」を披露。ファンからは「横視点がすごくポロリしそうに見える!」「どの角度からも興奮する」などと絶賛コメントが寄せられている。


 それにとどまらず、次は入浴ショットを集めた「温泉グラビア」まで公開。いずれの画像もネット上で拡散され、新年早々から男性たちのハートをわしづかみに。ファンはもちろんこと、今まであまり天木の存在を知らなかった男性たちからも「すごいおっぱい」「こんなすごい身体の美少女がいたとは」「新年から眼福じゃ」といった喜びの声が上がり、ファンがさらに増加しそうな状況だ。


 昨年は天木にとって大飛躍の年だった。リリースした2本のイメージDVDはいずれも大ヒットを記録し、念願の初写真集『二次元カノジョ』(双葉社)を発売。さらに『週刊プレイボーイ』(集英社)で発表された「2016年10月場所グラドルボイン番付」で最上位となる東の横綱に選ばれ、名実ともにトップグラドルとなったことでメディア露出は激増した。


 だが、天木はさらなる高みを目指しているようだ。天木にとって昨年は「経験・挑戦・反省」の一年だったといい、今年は「2017年は確定・完成・飛躍します。芸能界での天木じゅんのポジションを確定させる。スタイルを完成させる。どのお仕事をしても飛躍させる」と自身のTwitterで抱負を綴っている。


「天木さんはルックスやスタイルが素晴らしいだけでなく、業界屈指のストイックな努力家。昨年は肉体改造にも挑戦し、ボディを絞りながらもIカップ乳はそのままという奇跡のフィギュア体型を実現しつつある。新年からセクシーショットが連投されたことからも分かるように、SNSを上手に利用したファンサービスにも余念がない。ただ単に可愛くて胸の大きいグラドルならたくさんいますが、それとは一線を画した懸命な努力が彼女の人気をつくり上げたといっても過言ではないでしょう」(アイドルライター)


 2017年のスタートからメディア露出も決まっており、5日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)では人気巨乳グラドルの柳瀬早紀(28)、鈴木ふみ奈(26)とともにおっぱいについて語り尽くす「ボイン座談会」に登場することが決定。さらにスポーツニッポンに掲載された「2017年ブレイク必至のグラドルは?」という記事では、グラビア界の雄である「週刊ヤングマガジン」(講談社)編集部がオススメグラドルの筆頭に挙げている。


 キュートなロリータフェイスにド迫力のIカップ乳、そしてたゆまぬ努力によって天木じゅんは2017年のグラビア界でも大旋風を巻き起こしてくれそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

グラビアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ