"菜々緒2世"は身長・美脚まで同じ! 9頭身の現役女子高生17歳・黒木麗奈 (1) 親子で悲願の三愛水着楽園イメージガール

1月3日(水)12時30分 マイナビニュース

初代の山本梓にはじまり、木下優樹菜菜々緒久松郁実、朝比奈彩といった人気モデルを数多く輩出してきた登竜門「三愛水着楽園イメージガール」。今年、その17代目を務める現役女子高生・黒木麗奈(17)は、同事務所の先輩と後輩であることから「菜々緒2世」として注目を集めている。

菜々緒と同じ身長で体形もほぼ同じ9頭身。しかも、デビュー前に何度も足を運んだ東京ガールズコレクションで菜々緒のオーラに魅了され、憧れの存在になっていたことも不思議な縁といえる。

さて、「菜々緒2世」という冠を、本人はどのように受け止めているのか。そして、事務所側が菜々緒との共通点として挙げる「ストイック」の起源とは。2018年注目の黒木に話を聞いた。
○小6でスカウト「早くやりたい!」

——イメージガールに決まってから、何か変化はありましたか?

こういう大きなお仕事は初めてです。緊張や心配なこともあるんですけど、目標でもあったので今はすごくうれしいです。

——本当に高校2年生なんですか?

はい(笑)。いつも見た目と年齢にギャップがあると言われます。

——172センチの高身長も武器になっていると思います。いつ頃から伸びはじめたんですか?

幼稚園の頃から背の順でも後ろの方で、中学1年生から3年生の間に10センチ伸びました。弟は中学2年生で178ぐらい。家族のみんな大きいので、たぶん遺伝だと思います。

——モデルの方々に話を聞くと、高身長がコンプレックスだったという方もいました。

電車の吊革が頭に当たったりすると、周りの目が気になって恥ずかしい(笑)。中学の時もヒールをはくと余計に目立っちゃうので、なかなかはけなかったです。

——モデルを目指すきっかけは、お父さんからの勧めだったそうですね。

小4〜5年生ぐらいの時に、芸能界を目指してみたらと言われて。私自身も、テレビやファッションショーに出てみたいという夢がありました。小学6年生の時、原宿の竹下通りでスカウトされました。すごくうれしくて、「早くやりたい!」という気持ちでいっぱいでした。それまでは東京ガールズコレクションやガールズアワードに友だちと一緒に行ったりして、憧れていたんです。

——ほとんどの人が憧れを抱きながら自然と諦めていくと思いますが、黒木さんはそうならなかった。なぜだと思いますか?

お父さんの熱意が昔からすごかったんです。憧れていたことは口に出していなかったんですが、親に伝わっていたのかもしれないですね。日常生活でも、姿勢はいつも注意されていました。中学1年生ごろからウォーキングのレッスンにも通いはじめたんですが、すごく人見知りだったので親と一緒じゃないと何も出来なくて。今でも一人だと時々緊張してしまうので、お父さんには練習相手になってもらったりしています。

○「高校生だから」を言い訳にしたくない

——三愛水着楽園イメージガールはオーディションで決まったそうですね。

はい。一人ずつ、面接やウォーキングの審査がありました。私より年上の方々もいて、その中での高校2年生はきっと印象に残りやすかったんだと思います。モデル以外に舞台もやっていたので、そこもアピールしました。

親からは、「高校生らしく笑顔と元気さを出していった方がいい」と言われていたのでそれを心掛けていたのと、ウォーキングレッスンの成果が出るようにがんばりました。

——起用が決まって、お父さんの反応は?

すごいビックリしてて、泣いてました(笑)。お父さんにとっても夢だったので。お父さんがマネージャーさんから連絡を受けていたんですが、家でご飯食べている時に教えてくれて。大喜びしてました。厳しい人なので、泣いてる姿なんかほとんど見たことなかったんです。

——父の涙を見るのは初めて?

サマンサタバサのオーディションでグランプリをいただいたんですが、その時が初めてで、今回が2回目の涙でした。

——サマンサタバサのオーディションは2年連続で受けて、1年目はファイナリストまで残るも残念ながら落選。黒木さんは、悔し泣きしたそうですね。

ファイナリストまで残っていたので、本当に悔しかったです。2017年は「絶対にグランプリをとる!」と心に決めて臨みました。

——それまで悔し泣きしたことは?

なかったです。モデルのお仕事ができるようになったのは、サマンサを目標にがんばってきたから。ウォーキングレッスンもそのためでした。自分の中ではやれることはやったと思っていたので、落ちた時は本当に悔しかったです。すごく負けず嫌いなんです。「高校生だから」という言い訳はしたくなくて。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

菜々緒をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ