“二頭追う者”大島優子が釈明「今年は巳年なので頭という数え方に」。

1月3日(木)10時42分 ナリナリドットコム

アイドルグループ・AKB48の大島優子(24歳)が1月2日、Google+を更新し、AKB48劇場元日公演で披露した書き初めの漢字について釈明した。

元日公演では、AKB48の出演メンバーが書き初めを発表。高橋みなみは「進むしかないじゃん」、篠田麻里子は「ぶれない」、島崎遥香は「万能なぽんこつ」など、それぞれ思い思いの言葉を書いていたが、大島は「二頭追う者 三頭も得る」と、「二兎を追う者は一兎をも得ず」をアレンジした言葉を選んでいた。

これがAKB48公式ブログで紹介されると、ネットでは「二頭って…」「二“兎”だって知らないのかな」など総ツッコミ。こうした反応を受けて、大島は2日に更新したGoogle+で、この言葉にした意味を説明している。

それによると「普通は兎なのですが、今年は巳年なので頭という数え方にしました!そして、貪欲に。。。笑」とのこと。巳年だから(=ヘビだから)“頭”、なるほど……となれば良いのだが、ヘビの数え方は一般的には“匹”だけに、再びツッコミの声が上がっている。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

大島優子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ