NHK「新春TV放談」で“飛田新地”紹介番組を大絶賛

1月3日(木)20時35分 ナリナリドットコム

音楽プロデューサーのヒャダインが、1月2日に放送された正月恒例、業界の第一線で活躍するパネラーたちがテレビを語り尽くす番組「新春テレビ放談2019」(NHK総合)に出演。2018年に注目したテレビ番組として「かたせ梨乃が進駐軍の前で踊り狂った時代…とマツコ」(日本テレビ系)を挙げると、出演者全員も同番組を絶賛する一幕があった。

昨年10月8日に放送された「かたせ梨乃が進駐軍の前で踊り狂った時代…とマツコ」は、風俗が最も輝いていた時代をテーマに、大阪の歓楽街“飛田新地”などを取材した番組。

ヒャダインが「テレビだからできること。みなさんご覧になりましたか」と聞くと、出演者から「見た!面白かった」「最高だった」「ナンバーワンじゃない? 2018年の」と声が上がる。司会の千原ジュニアも「我々あの近くに住んでいた人間からすると、どうやってカメラ入れてん?と」驚愕したと語った。

NHKは、同番組のプロデューサー・鈴木淳一氏にアンケートを採っており、鈴木氏によると「地上波で放送することにはさまざまな意見が出たが、アドバイスを受けながら、慎重に作業を進めた。また風俗文化史をひも解く上で必要な用語などは可能な限りそのまま伝えることを意識した」という。

また、カンニング竹山は鈴木プロデューサーとは親交があるそうで、「俺、そのテレビ見てびっくりしちゃって。ロール見たら淳一さんの名前書いてあったからLINE送ったんですよ。すごい、最高だと。そしたら『とにかく明日が怖い』って返ってきました。ああだからやっぱり…やっぱりドキドキはしてんだなって」と放送当日のエピソードを披露した。

ナリナリドットコム

「NHK」をもっと詳しく

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ