BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ライオネル・リッチーの極めつけディスコヒット5曲

OKMusic1月3日(火)18時0分
画像:ライオネル・リッチーの極めつけディスコヒット5曲 (OKMusic)
写真を拡大
ライオネル・リッチーの極めつけディスコヒット5曲 (OKMusic)
黒っぽさ満載のファンクグループ“コモドアーズ”を脱退し、黒人らしくないポップスシンガーとしてソロデビューしたライオネル・リッチー。80年代前半にディスコのチークタイムで人気を博した。

マイケル・ジャクソンと同様に、人種の区別なく音楽の楽しさを提示したライオネル・リッチー

“ライオネル・リッチーは主張のない単なるムード歌謡だ”、“あいつは擬似白人じゃないか”などと、ラジカルな黒人などからは揶揄されたこともあるが、彼は白人にも受け入れられるポップな音作りで、マイケル・ジャクソンと並んで万人に歓迎された黒人のポップスターである。人種や年齢に関係なく“誰もが楽しめる分かりやすい音楽”を提示することは、決して簡単なことではない。彼の高い音楽性は、アフリカ向けのチャリティー曲「ウィ・アー・ザ・ワールド(原題:We Are The World)」(‘85)をマイケル・ジャクソンと共作することで見事に証明されたのではないか。ディスコでは特にバラードで成功を収め、80年代前半のチークタイムは、彼の曲ばかりで占められたこともある。

ソロデビュー作の『ライオネル・リッチー(原題:Lionel Richie)』(‘82)からは「ユー・アー」「トゥルーリー」「マイ・ラブ」の3曲がアダルトコンテンポラリー・チャートで1位を獲得し、2ndの『オール・ナイト・ロング(原題:Can’t Slow Down)』(’83)からは「オール・ナイト・ロング」「ハロー」の2曲が、3rd『セイ・ユー・セイ・ミー(原題:Dancing On The Ceiling)』(‘86)では「セイ・ユー・セイ・ミー」がそれぞれ1位となっている。

82年から84年はMTVで彼のミュージックビデオが毎日のようにオンエアされていて、上記ソロ3作と「ウイ・アー・ザ・ワールド」に共作・出演した頃が彼の絶頂期であった。日本では少し年齢の高い人が通うアダルティなディスコでの人気が高かったのだが、彼はバラードが得意なだけに、それも当然のことであった。

それでは、ライオネル・リッチーの極めつけのディスコヒットを5曲セレクトしてみよう!

1.「ユー・アー(原題:You Are)」(‘83)

ソロデビューアルバム『Lionel Richie』からの第二弾シングル。リッチーを代表する佳曲で、世界中で大ヒットしている。ミディアムテンポのソフトなナンバーで、リッチーのやさしいヴォーカルは絶品だ。ただ、アダルトコンテンポラリー・チャートでは1位になったものの、ポップチャート(どちらもビルボード)では最高4位どまりであった。この時のライバルは強者ぞろいで、1位がマイケル・ジャクソンの「Billie Jean」、2位がカルチャー・クラブの「Do You Really Want To Hurt Me」、3位がデュラン・デュランの「Hungry Like The Wolf」と、ある意味で「ユー・アー」の4位も不思議ではないぐらい、ディスコで大ヒットした強力なシングルが続出していた時期なのである。そして、こういう曲が続々とリリースされていたからこそ、80年代にディスコの人気が爆発的に高まっていったのである。

2.「トゥルーリー(原題:Truly)」(‘82)

1)と同様、デビューソロに収録されている。こちらが最初にシングル時カットされ、全米ポップチャート1位を獲得している。彼がもっとも得意とする「マイ・ウェイ」タイプの極甘バラード。この曲を初シングルにしたのは、彼なりの勝算があったからだ。というのは、ソロになる前のコモドアーズ時代に、リッチーが主導権を取ったバラードの「イージー」(‘77)が大ヒットし、このヒットをきっかけにコモドアーズはファンクからポップス路線へとシフトしていて、それぐらいリッチーは自分のバラードに自信を持っていたのである。そして、その読みが当たることになる。当時はテクノポップが流行していたので、ディスコでもシンセポップが主流であったが、すでに社会人のお兄さんお姉さんがディスコに求めるのはペラペラのチープな音より、少々時代遅れでも人力演奏が中心の落ち着けるサウンドであった。そういう人にはリッチーのようなソフトでゴージャスな音作りが受けたのである。

3.「オール・ナイト・ロング(原題:All Night Long)」

2ndアルバムに収録された大ヒット曲。1)「ユー・アー」タイプのナンバーだが、こちらはシングル・アルバムともにポップチャートで1位を獲得する。彼が得意とするミディアムテンポの仕上がりで、ディスコ向きのBPMだ。それに加えて、曲の後半で展開するトロピカルさが雰囲気を盛り上げていく。当時流行っていたワールドミュージックのテイストを巧みに取り入れ、カリプソっぽいホーンセクションやアフリカ風のコーラスなども登場し、曲が進むにつれじわじわと熱くなっていく…このアレンジが、ディスコで大いに受けた。結局、1)のリベンジができたどころか、2ndアルバム『オール・ナイト・ロング(原題:Can’t Slow Down)』は第27回グラミー賞で最優秀アルバムに選出され、リッチーはアメリカで頂点に立つシンガーとなった。

4.「ダンシング・オン・ザ・シーリング(原題:Dancing On The Ceiling)」(‘86)

3rdアルバムに収録されたロックフィールあふれるダンサブルなナンバーで、全米ポップチャートで2位となった。曲のスタイルとしてはケニー・ロギンスの「フットルース」(‘84)やアイリーン・キャラの「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」(‘83)と同タイプ。この時期は、大人向けのアメリカンロックテイストを持つ曲がディスコでもヒットしていただけに、リッチー向きの曲とは言えないが、アルバムでは外せないスタイルであったからだろう。この曲をシングルカットしたのは、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のテーマ曲でヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの「パワー・オブ・ラブ」が前年にメガヒットしたからだと思われる。一流のポップスターになるとリスナーへのリサーチというか、何が受けるかというマーケティング能力の高さが必要になるんだなと再認識させられた。

5.「セイ・ユー、セイ・ミー(原題:Say You Say Me)」(’84)

この曲も4)と同様3rdアルバムに収録されているが、少し前の84年に録音されている。その理由はというと、85年の映画『ホワイト・ナイツ/白夜』の主題歌として使われることが決まっていたから。バラード作品でリッチーにしては珍しくゴスペル的で力強いヴォーカルが印象的なナンバーで、曲調はビートルズ(「レット・イット・ビー」など)にインスパイアされているようだ。こういったスタイルのソングライティングが「ウィ・アー・ザ・ワールド」の作曲にもつながっていくという意味で、興味深い作品となった。日本ではディスコのチークタイムによく使われていたが、ダンスするよりは聴き入ってしまう人が多かった。はっきり言って、途中に登場するエイトビートのブリッジ部分はダンスには邪魔なので、リッチーはこの曲をディスコで使いたくないと考えていたのかもしれない。全米ポップチャートとR&Bチャートで1位を獲得、さらにアカデミー歌曲賞も受賞するなど、彼の代表曲のひとつとなった。
OKMusic

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ディスコ」をもっと詳しく

注目ニュース
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
でんぱ組卒業の最上もが、久々の姿にファン喜び 日刊スポーツ9月25日(月)17時6分
アイドルグループでんぱ組.incを卒業した最上もが(年齢非公表)が久しぶりにメディアに姿を現した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア