気象予報士・井田寛子、元日に第1子女児出産「特別な年の始まりとなりました」

1月3日(水)14時7分 オリコン

第1子女児を出産した気象予報士・井田寛子

写真を拡大

 気象予報士の井田寛子(39)が、1日午前1時3分に第1子となる女児を出産したことをブログで発表した。

 井田はブログで「私事ですが、ご報告です。平成30年1月1日1時03分に女の子を出産いたしました。ほぼ満月の月あかりのなか、導かれるように元気に誕生してくれました」と報告。病室から撮影した初日の出の写真をアップし「私にとって本当に特別な年の始まりとなりました」とつづった。

 新年のスタートと同時に第1子誕生を迎えて「子どもとともに自分もゼロからのスタートと思い、新しい気づきを大切にしながら自身が発信できることを探していきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願い致します」と決意を新たにしている。

 井田は製薬会社勤務からNHKの契約キャスターとなり、気象予報士資格を取得した異色の経歴の持ち主。2002年にNHK静岡局に入局し、11年からはキャスター兼気象予報士として『ニュースウォッチ9 』の気象情報などを担当した。16年3月末からTBS系朝の情報番組『あさチャン!』の気象キャスターを務め、昨年7月の同番組で妊娠を報告した。15年にNHKのディレクターと結婚した。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

気象予報士をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ