大学ミスコン美女・キャンパスクイーン、艶やかな晴れ着で新年の決意

1月3日(水)11時50分 オリコン

キャンパスクイーンから代表で囲み取材に登場した5人(写真左から)松井まり、高尾美有、結城モエ、岡田彩花、松井りな (C)Deview

写真を拡大

 栗山千明らが所属する芸能プロダクション「スペースクラフト」に所属する、大学ミスコンファイナリストたちからなるユニット『キャンパスクイーン』の13名が、 東京・八芳園で「キャンパスクイーン晴れ着コレクション2018」の撮影を行い、新春にふさわしい艶やかな晴れ着姿をお披露目した。

 キャンパスクイーンを代表して、結城モエ、岡田彩花、高尾美有、松井りな、松井まりの5人が囲み取材に応じた。

 昨年はドラマ『脳にスマホが埋められた!』(日本テレビ系)にレギュラー出演を果たした結城。「2017年は女優をやると決めて、夏に初めて連続ドラマに出させていただいたり、リポーターの仕事も新しく初めたり、初めて挑戦することが多かった年だったので、ひたすら吸収の毎日でした」と振り返る。2018年1月7日からBSフジ『カンニングDAI安☆吉日!』コーナーレギュラーとして出演することが決まっているが、「ホップステップジャンプでいうと、2017年がホップで、2018年はステップの年。2018年に挑戦する新しい仕事に向けて、見た目的に完璧にさらけ出せるほどのものが整っていないので、2018年は必ずそれを整えること、そして内面的には知性の部分を鍛えたいと思っているので、自分を深められる年にしたいなと思っています」と意気込みを語った。

 「乃木坂46白石麻衣さんと同じコーディネート!」という白い晴れ着姿の岡田彩花は「大学を卒業して2年目なんですが、2017年は“命を削る”と決めた1年で。成長していなかったら許されないという状況の中で、自分がどこに向かって行きたいのかを考えさせられました。演技の仕事で“やり切った”という経験をしたときに、もっとこの道で頑張りたいと決めて、念願の舞台のオーディションも受かって、2018年1月に本番を迎えます」と女優へと道を定めた1年を振り返る。1月10日から14日まで吉祥寺シアターで舞台MileStone vol.火『SHIT AND LOBSTER』に臨むが「引き続き命を削っていきたいと思うんですが、焦りたくはなくて。長いスパンで考えていきたいと思うので、しっかり一歩一歩進んでいきたいと思います」と気持ちを新たにした。

 昨年、俳優・前野朋哉が監督した岡山県のPR動画『ハレウッドムービー』のオーディションで主演をつかんだ高尾美有。2017年は大学4年生の年だったが「進路を決定しないといけない年に、芸能一本で頑張ると決めたんですが、岡山県PR動画の主演で新しく演技のお仕事をさせていただいたり、歌を歌わせていただいたり、自分のやりたかったことが叶いました」と充実した1年となったようだ。そのうえで「勝負の年にしたいです。もっと地元の岡山県でのお仕事もしたいですし、テレビドラマや映画、1月には舞台も控えているので、それも成功させて、次のステップに行きたいと思います」と1月24日から1月28日に劇場HOPE(中野)で上演される舞台、ドラマデザイン社公演『ゲートシティーの恋』に臨む思いを語った。

 双子コーデで撮影に参加した松井りな・まりの姉妹。妹の松井まりは「自分の中で内面的にも外見的にも変わった1年で、今日の撮影でもみんなに『痩せた?』っていじられるくらいで、着物でも動きやすいって思うくらいになれて。精神的にもポジティブになれた軽やかな1年でした」と笑顔。そして「2017年は変化の年だったので、2018年は飛躍の年にしたいです。仕事面では私も演技の仕事をもうちょっとできればいいなと思っていて、プライベートではバンジージャンプに挑戦したいです」と元気よく答えた。

 姉の松井りなは「2017年は波に流されて、てんやわんやしていたので、2018年は波に乗って、自分で転機を掴める年にしたいなと思っています」と心新たに誓う。「松井姉妹は東京生まれなんですけど、育ちは広島でカープファンとしても活動していて、この赤もカープを意識したんです(笑)。カープの応援ソングを歌わせていただいたり、広島のローカル番組に出させていただいたりと、地元でもお仕事をさせていただいたので嬉しいなと思っています」と姉妹での広島カープ関係の仕事にも意欲を見せた。

 松井りなが、キャンパスクイーンとしての活動について「2017年3月までやっていた番組が終わったことで、みんながそれぞれにやりたいことや、新しく挑戦したいことを見つけ始めた年だったのかなと思います。キャンパスクイーンはいい仲間であり、いいライバルであり、これからもみんなで頑張っていきたいなと思う2018年でございます」と総括すると、メンバーは「素晴らしいまとめ!!」と絶賛していた。2018年はユニットとしてのみならず、個人としてもそれぞれが飛躍する年になりそうだ。

■撮影に参加したキャンパスクイーン13名
結城モエ(慶応義塾大学ミスコン2014年度ファイナリスト/4年生/23歳)
岡田彩花(成蹊大学ミスコン2014年度グランプリ/卒業/24歳)
松井りな(中央大学ミスコン2016年度ファイナリスト/卒業/24歳)
松井まり(中央大学ミスコン2017年度ファイナリスト/3年生/21歳)
高尾美有(帝京大学ミスコン2014年度準グランプリ/4年生/21歳)
エレナ(早稲田大学ワセダコレクション2017出演/3年生/21歳)
杉田友里(日本大学藝術学部/4年生/22歳)
對馬桜花(立教大学/1年生/18歳)
廣木葵(桜美林大学ミスコン2016年度準グランプリ/4年生/22歳)
齋藤千尋(大妻女子大学/4年生/22歳)
杉田亜弥(埼玉大学ミスコン2015年度ファイナリスト/4年生/22歳)
池田芽以(東洋英和女学院大学ミスコン2017年度グランプリ/3年生/20歳)
吉田弥(お茶の水女子大学ミスコン2017年度ファイナリスト/2年生/19歳)

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

ミスコンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ