2016冬新作アニメ情報 曜日別ガイド(6)【日曜日/16年1月10日放送開始編】

1月3日(日)14時0分 おたぽる

左『灰と幻想のグリムガル』、右『シュヴァルツェスマーケン』、各公式サイトより

写真を拡大

 来週の日曜日10日から放送開始の作品たち。作品数そのものは、それほど多くもないようだが、SFファンタジーからホラー、ほんわか日常系まで、幅広いジャンル作品が揃った。自分好みの作品を、記事を参考に選んでほしい。


01月10日
■『灰と幻想のグリムガル』
 目が覚めると暗闇の中にいたハルヒロ。なぜここにいるのか、どこから来たのかもわからないまま。自分と同じ境遇らしき数人の男女と共に踏み出した先に広がっていたのは見たことのない世界「グリムガル」……。十文字青による同名のライトノベル原作の異世界ファンタジーがTVアニメとして映像化される。手がけるスタッフは監督・脚本に中村亮介、制作:A-1 Pictures。以前にも『魍魎の匣』『ねらわれた学園』といった絶妙な原作アレンジ作品を手がけた中村監督作品だけに、本アニメもどんな展開や演出が盛り込まれていくのかも、注目したいところ。

初回放送 24:30〜 TOKYO MXほか
『灰と幻想のグリムガル』公式ホームページ 
http://grimgar.com/

■『シュヴァルツェスマーケン』
 第二次世界大戦後、東西に分断されたドイツを象徴とする冷戦時代。しかし月面で接触した異星起源種・BETA群が中央アジアに降下。人類は冷戦の只中に、BETA群との全面戦争へと突入していた——。原作はPCゲーム『マブラヴ オルタネイティヴ』本編開始の18年前の世界を描いたスピンオフ作品として、ファミ通文庫から刊行された内田弘樹によるライトノベル。現在とはやや違う歴史のミリタリーを描いた独自世界に挑むのは監督:渡邊哲哉、制作:ixtl×LIDENFILMS。現用兵器もいいけどやはりロボットが大好き、という人にはオススメの作品だ。

初回放送 25:05〜 テレビ東京ほか
『シュヴァルツェスマーケン』公式ホームページ
http://schwarzesmarken-anime.jp/

■『虹色デイズ』
夏樹・智也・恵一・剛、四人の男子高校の学園生活を描いた水野美波原作の同名コミックの映像化。
初回放送 22:00〜 TOKYO MXほか
『虹色デイズ』公式ホームページ
http://rainbow-days.tv/

『大家さんは思春期!』
水瀬るるう原作のファミリー4コマで、中学生の大家さんと住人の日常を描いたコメディアニメ。
初回放送 22:27〜 TOKYO MXほか
『大家さんは思春期! 』公式ホームページ
http://ooyasan-anime.com/

■『Dimension W』
岩原裕二のコミックが原作。近未来の不正コイル回収屋キョーマとアンドロイドのミラの活躍を描いたバディ物。
初回放送 23:30〜 TOKYO MXほか
『Dimension W』公式ホームページ
http://dimension-w.net/

■『闇芝居(3期)』
昭和の紙芝居風に都市伝説を語る大人向けのダークな雰囲気が特徴の短編アニメの第3弾。
初回放送 26:35〜 テレビ東京ほか
『闇芝居(3期)』公式ホームページ
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/yamishibai/

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ