BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「露骨すぎる表現であり、度が過ぎている!」と訴えるも、「BPOに苦情入るところまでで作品」「チクったやつよくやった!」と称賛を浴びる…「んん!?」「おお!?」な2015年BPO“ご意見”7月〜9月編

おたぽる1月3日(日)11時0分
画像:アニメ『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』公式サイトより。
写真を拡大
アニメ『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』公式サイトより。

 放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する、第三者の機関・BPO(放送倫理・番組向上機構)。テレビやラジオの放送がある限り、BPOにはたくさんの“視聴者のご意見”が届くわけだが、中には「んん!?」「おお!?」「よく言った!!」というものも見られる。

  毎月発表されては、ファンやオタクたちを「まさか、好きなあの作品が……!?」とビビらせたり、笑われたりする“視聴者のご意見”。2015年の夏休み開始となる7月から、休み明けの子どもに向けた、図書館のツイートが話題を呼んだ9月まで、BPOにどのような“ご意見”が届いていたのかご紹介。


「アニメ番組の途中で流れる『スクラッチ』宝くじのCMが気になる。最近の宝くじCMは高額当選金がもらえる可能性を訴えるものが多いが、人気アニメのキャラクターを使用したCMは、子どもの射幸心を煽ろうとしていると感じる。宝くじは子どもにも購入可能だ。宝くじ販売者は、子ども向けアニメキャラを使ったCMを作るべきではない」

 15年10月2日〜15日までの期間限定で発売された「ちびまる子ちゃんスクラッチ まる子編 トライアングルチャンス」(1等:50万円)。広告では、まるちゃんが「全国のみなさ〜ん。これは削って当てる宝くじですよー」と高ら(宝?)かに告知していた。しかし、世間からは「作品のイメージが上がるわけでもなく、くじの購買層とマッチしてる感じもない」「子供向けアニメ使うのはいいのか?」「世も末だな」と不評。なお、過去には「家族編(タテ・ヨコ・ナナメ)」(一等:30万円)、「花輪クン編 トリプルマッチ」(1等:1,000万円)も発売されている。『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)にプラスがあったかどうかより、「さすが花輪クンだな」と思わされた。


「深夜のアニメ番組で、音声加工はしてあるものの、性器の俗称を想像させるせりふや、性行為を意味するしぐさが使われていた。子どもでも想像がつくような露骨な表現であり、度が過ぎている」

 7月〜9月にかけて放送された『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』(TOKYO MXほか)を指しているのでは、とファンが盛り上がったご意見。同作は、「公序良俗健全育成法」の成立により“下ネタ”が失われた世界で、華城綾女らが“下ネタテロ”を起こすというストーリー。男性にはおなじみの“例のプール”が登場したり、コンニャクに切れ目を入れて暖めてみたりと、清々しいほど下ネタをふんだんに盛り込み、好評を博した。上記の“ご意見”が寄せられた際も、「『下セカ』は現実世界でBPOに苦情入るところまでで作品」「BPOに入ったクレームこそが作品の内容」「チクったやつよくやった!」「BPO案件で弾圧されるのって、まさにあの世界観そのもので美味しいなとしか思えない」と盛り上がり、訴えた側が称えられることに。制作陣、してやったりか!


「子ども向けアニメ番組のエンディングシーンで、アニメキャラクターの少女たちが水着姿でポーズをとったり、肩ひもが片方だけの格好になっていたりする。子ども向けアニメでこのようなシーンが必要なのだろうか。子どもを持つ親としては違和感がある。子どもを狙った犯罪も多い中、配慮に欠けているのではないか」

『プリパラ』(テレビ東京ほか)に寄せたとされる“ご意見”。指摘どおり、エンディングでは、水着で海辺に横たわるシーンや、肩ひもがずれた状態で鏡台の前に立つシーンなど、際どい箇所が見られていた。ただ、クレームが多かったのか修正を実施。大漁旗を掲げた漁船シーンを差し込んだのだが、青いつなぎの肩ひもは外れた状態のままになっており、「結局、片ひもは直ってないのワロタ」「苦情が大漁に釣れたってことか?」など、逆に視聴者を喜ばせた。


「近年、特に深夜帯のアニメ番組で顕著だが、表現を自粛しすぎることで、本来の作品の魅力が落ちているように感じる。深夜帯の番組は子ども向けではない。子どもが見るのに適していないからといって規制を強化するのではなく、子どもの生活習慣を見直すことが大事なのではないか」

 ネジが何本か外れていそうな“ご意見”が多い中、至極真っ当な“ご意見”。これには「正論過ぎる」「ごもっともです」「よう言うた。よう言うたで!!」と賛同する声が上がった。しかし一方、「BD売るときのメリットがなくなるだろうが」「円盤売りたいから自主規制してるだけだろ」と、あえて規制しているとするアニメファンも見られた。「あの湯気がBDでは消える……!」作戦ではなく、制作側にクレームを恐れる風潮があるのなら、『下ネタ』を見習って、頑張ってほしいものだ。

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
BPOのまとめ写真 苦情のまとめ写真 露骨のまとめ写真 視聴者のまとめ写真

「BPO」をもっと詳しく

注目ニュース
海老蔵「15,6時間」麻央さんの大手術を振り返る 日刊スポーツ8月21日(月)23時23分
歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が、今年6月に亡くなった妻の小林麻央さん(享年34)が闘病中に受けた、15〜6時間にもおよんだという大手術を…[ 記事全文 ]
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは アサ芸プラス8月21日(月)17時59分
夫の遺族が公開した遺書により、芸能活動継続の危機に瀕している元SPEEDの上原多香子。[ 記事全文 ]
続々出演取り止め!宮迫博之に残された道は「自宅謹慎」 まいじつ8月21日(月)19時1分
(C)まいじつ『週刊文春』誌上でふたりの女性との不倫疑惑が報じられ、出演していた保険会社のCMがホームページから削除された上に「違約金10…[ 記事全文 ]
松居一代「不倫は不道徳」船越英一郎に謝罪求める 日刊スポーツ8月22日(火)9時10分
夫で俳優の船越英一郎(57)と離婚調停中のタレント松居一代(60)が、「素直に謝るべき」と謝罪を求めた。[ 記事全文 ]
読売1面〈首相「3選望まず」6割今の総裁任期まで〉の衝撃 NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
2018年9月の自民党総裁選で3選を果たし、2020年に自らの政権下で新憲法施行を果たすことは、安倍晋三首相の宿願だった。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア