BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「アイドルが裸足でゲームをしていて卑猥」の意見に「あなた潔癖すぎ!」 2016年BPO“ご意見”7月〜9月編

おたぽる1月3日(火)15時0分
画像:『乃木坂工事中』公式サイトより。
写真を拡大
『乃木坂工事中』公式サイトより。

 メディアの放送に対する意見や指摘、放送倫理についての問題を第三者の立場で考え取り組む機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」(以下、BPO)。BPOには毎日様々な視聴者の声が届くのだが、中には「え、何を言っているの!?」と耳を疑うものや「目から鱗が落ちた」と感銘を受けさせてくれるものがある。今回は2016年7月から9月にかけてBPOに寄せられた意見の中でも、オタクやファンから大きな反響が上がったものを紹介していこう。

「若い女性アイドルに裸足でゲームをさせるという企画は、ゲームのお題がすべて筆やバナナ、ゾウなど卑猥なものを連想させる内容になっていた。見ていて不快だし、やらされているアイドルもかわいそう。足でペンを握ったり、物を触ったりなどの行為自体も行儀が悪い。深夜とはいえ下ネタがすぎる」

 これは7月に放送された乃木坂46が出演する『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で放送された内容に対する指摘と思われる。番組では乃木坂46がシングル『裸足でSummer』を発売することを記念して、裸足の指でティッシュを掴んだり、裸足で箱の中に入っている筆などを触り中身を当てたり、目隠しをして足に挟んだペンでゾウの絵を描いたりするゲームが行われた。

 しかし乃木坂メンバーはジャージ姿で、それほど番組の雰囲気も画面もそれほど卑猥さが漂うものではなかったように思われるため、この意見に対しては「なんだこのいちゃもんは」「え、え、え、あなた潔癖すぎますよ!」「マジであれを見て卑猥さを感じたんだとしたら、むしろそっちの方がエロに敏感すぎるやろ」「バナナとゾウが卑猥ってのはわからなくもないが、そんならMCやってたバナナマンもNGだって言えよ」とブーイングの嵐。制作側がエロさを意図したかは定かではないが、そこまで深読みした意見提供者は、むしろ番組を深く楽しんでくれたのではないだろうか。

「情報番組で、ポケモンGOをこぞって取り上げていた。日本で配信される前から、海外では事故が多発している。内閣府が注意喚起するほどの事態なのに、リポーターが『ここにもいます』などと喜んでいた。わざわざやって見せる必要はない。テレビでこのように紹介することは、アプリの利用を煽っているも同然だ」

 この意見は『ポケモンGO』(Niantic)が配信された7月にBPOに寄せられたもの。確かに配信された直後はあちこちのメディアで特集が組まれていたため「毎日やたらポケモンGOの番組やってんのは苛立った」「ニュースで特集してんのはアホか、とは思ったな」と賛同する意見もちらほら。実際に事故も起きてしまっているので、もっとも意見といえるかもしれない。ただ一方で「あれだけの社会現象になったらニュースにならない方が異常」「ゲームに罪はないし、人気スイーツを紹介すんのと同じ」といった声も。世界的にユーザーを獲得したゲームとなれば、ニュースで取り上げられるのもしょうがないといえばしょうがない。適切なプレイをユーザーには求めたいところだ。

「スマホ用アプリゲームのCMは、全国版ではなくローカルなのかは不明だが、宮城県や東北の県の方言で『けっぱれ』という方言を使っている。これは、その地域によっては聞いたことはあるが、実生活では、現在あまり使われてない方言だそうだ。方言は、個人が想像するよりも大変デリケートなものだ。使われ方次第では田舎者扱いをされたり、誤解されたりしてしまう。このCMは方言がメインではなく、ゲームの内容をメインに作られたものなのかもしれないが、東北の方々がこの方言を使うだろうという思い込みで作っているのであれば、改善してほしい」

 この意見で言われているのはどうやらスマホアプリ『ぼくらの甲子園! ポケット』(面白法人カヤック)の、8月から放送されたCM「選手宣誓」についてのようだ。同CMは地域ごとに放送内容が違ったものとなっており、モデルの岡本夏美が高校球児に扮して放送地域のご当地ネタを盛り込んだ選手宣誓を行う。

 確かに「ケッパレの精神で」というコメントが入っているものもあるようだが、ネット上では「いやいや、方言なんてネタだから」「そんな使い方するかーい! ってツッコませるのが狙いだろ」「地元愛知はしゃちほこのように輝きますとかやってて、そっちの方がいじられてると思うが嬉しかったぞ」と、BPOに寄せられた意見に共感できない、という意見がネット上では目立つ傾向にあった。ちなみに「けっぱれ」は「頑張れ」の意味で、CMでは特に悪い使われ方もしていないため、意見提供者が一体何に引っかかったのか、そしてBPOはなぜこの意見を採用したのか。難しいところだ。

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「BPO」「アイドル」「ゲーム」「放送倫理」の関連トピックス

「BPO」をもっと詳しく

注目ニュース
錦織圭同伴の観月あこ 会計はブラックカードの超セレブ生活 女性自身7月25日(火)0時0分
ウィンブルドン3回戦敗退からわずか5日後の7月12日。錦織圭(27)は慶応大学日吉キャンパスのコートをひそかに訪れていた。[ 記事全文 ]
歩きスマホの人を狙う「当たり屋」 都市部でトラブル続出 NEWSポストセブン7月25日(火)7時0分
兵庫県神戸市JR三ノ宮駅のホームで、歩きながらスマートフォンを操作していた女性に体当たりし転倒させ重傷を負わせたとして、60代の作家兼ミュ…[ 記事全文 ]
松居一代動画の「影響」YouTube上の無責任ゴシップ一掃か まいじつ7月25日(火)7時1分
(C)まいじつ女優の松居一代との離婚騒動の渦中にあり、夫の船越英一郎が所属する芸能事務所ホリプロは、7月21日にブログや動画などで船越の不…[ 記事全文 ]
バッハ末裔芸人「強盗に撃たれたことある」 ナリナリドットコム7月24日(月)22時17分
お笑いコンビ・タイムボムのニック(30歳)が、7月22日に放送されたトーク番組「ウーマンラッシュアワー村本大輔の土曜TheNIGHT」(A…[ 記事全文 ]
カトパンの日テレ参戦が原因!?“ライバル”水卜麻美アナが「独立」を決意! アサ芸プラス7月24日(月)17時59分
オリコンが毎年12月に発表する「好きな女性アナウンサーランキング」で4連覇を成し遂げ、名実ともにナンバーワン女子アナとなっているのが日本テ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア