内田彩ライブではサイリウム口にくわえた“三刀流”出現!? 声優・アニメ系ライブで印象に残った禁止事項とは

1月3日(火)21時0分 おたぽる

「両国国技館」公式サイトより

写真を拡大

 昨年も公開、声優たちによるライブや数多くの劇場アニメにまつわるイベントが開催され、数多くのファンたちを動員させ、訪れた観客の心を掴む演出やパフォーマンスが毎週のように、全国各地で繰り広げられた。

 一方で、会場や登壇者の安全を守るため、各イベントがあの手この手を駆使しながら工夫していたのが、開演前の“注意事項”のアナウンスではないだろうか。イベントに訪れた観客の興をそがないようにしつつ、伝えるべくは伝えなくてはいけない——考えてみるとハードルは結構高い気もするが、出演キャスト自身が担当したりと、各イベントで趣向を凝らして楽しませてくれている。よくよく聞いてみると、中には“なんだそれ”と思わず笑いだしてしまいたくなるようなものから、物騒さを感じさせるものまで、いろいろなタイプのものがあったようだ。

 そこで、アイドルから声優まで幅広くライブ会場に運んでいるという30代男性のAさんと、アニメの上映会イベントなどに参加することが多いという20代男性のBさんに昨年あったイベントでの印象的な注意事項を聞いてみた。イベントに足を運んでみたいな、と思われている方には参考にしてみてほしい。

—— 訪ねたライブイベントでインパクトがあったものってありますか?

Aさん:やっぱり『ラブライブ!』ですかね。公式サイトとかにも出ていたんですけど、「イスや柵に登る、イスや柵からジャンプするなどの行為も危険ですので禁止致します」とあって、プロレスか! とツッコミたくなるようなものがあったり、「オフィシャルグッズに改造を加えたものの使用を禁止致します」というのもありました。かつて魔改造したものを持って来場した人もいたようですよ。

Bさん:『ラブライブ!』だとそこまでなんですか!? 自分はi☆Risさんのライブにはよく行きましたけど、たしかか「30センチ以上のサイリウム」「工事現場などで使用される誘導灯」「輝度の高すぎるサイリウム」の持ち込みは禁止とか、いたって普通のアナウンスで、そこまでではなかったですよ!

—— いやいや、過激じゃないアナウンスが流れている方が、むしろファンが信頼されているという証なんじゃないですかね(笑)。

Aさん:でもねぇ、まだあるんですよ『ラブライブ!』。サイリウムやペンライトを「口でくわえるなど手以外で持つ行為」というのがあって……。

Bさん:それ、8月の内田彩さんのライブでも聞きました! 一緒に行った友達と聞いた瞬間に『ONE PIECE』の“三刀流”のロロノア・ゾロかっ! と、思わずツッコんじゃいましたけど。

—— でも注意があったということは、実際にやっていたという人がいるんですよね……。ほかには何かありますか?

Bさん:“キンプリ”こと『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の9月に開かれた上映会では『激しい行為は禁止。楽器などで音を鳴らす行為』『弊害が及ぶ、スタァたちが傷つくような否定的なもの』というのがありました。熱くなりすぎた結果口走った結果だとは思うんですが……。

Aさん:“物理的なもの”というと、11月の『バンドリ!』のライブでは、「花火などの持ち込み、公演でライターで火をつけるなどの行為はおやめください」というのがありました。楽曲の『STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜』に合わせるファンが出ることを心配していたのかも、と思いましたけど。

Bさん:それでいうと、この前の12月23日の上坂すみれさんのライブは両国国技館で開かれたんですけど、「座布団を投げないでください」というのがあって。相撲の聖地で開かれたイベントならではの注意事項で、スタッフのセンスが光る、クスリと笑えるもので楽しかったです!

—— あ、それは平和的で面白くて、それこそ「座布団一枚!」という感じですね(笑)。

 今年も数々のイベントが開かれることだろう。つい燃えてきてしまうのは充分わかるが、人や会場、ましてや演者に迷惑がかからない範囲で、応援行為も含めてイベントを楽しんでほしいものだ。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ライブをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ