【今夜放送】『君の名は。』が待望の地上波初放送! 成田凌のギャップを感じるテッシー役の優しい声など、みどころ満載です

1月3日(水)17時45分 Pouch[ポーチ]

2016年に記録的大ヒットをした新海誠監督による長編アニメーション映画『君の名は。』が、ついに地上波初放送! 2018年1月3日の夜9時から、テレビ朝日系で放送されることが決定しました。

国内興行収入250億円を突破。2016年の興行収入1位、そして日本映画史上歴代2位という大記録を打ち立てた作品ですので、すでに映画館で観たという人は大勢いることでしょう。

しかし全国の視聴者が同じ時間にテレビの前に座って、同じタイミングで同じシーンを観るという体験は、地上波放送でないとできないこと! わたしの目には浮かんでくるのです。日本中のツイッターユーザーたちが一斉に「入れ替わってる〜!?」とつぶやく未来が……。

【そもそも、どんなお話なの?】
『君の名は。』の主人公は、田舎で暮らす女子高校生・三葉と、東京に住む男子高校生・瀧という、普通に考えれば出会うはずのない男女。それなのになぜか2人は、「夢の中で互いの身体が入れ替わる」という不可思議な体験を繰り返してしまうんです。

交流を重ねていくなかで、ふと2人の心に生まれる恋愛感情。そして最終的に起こる、ある奇跡。ストーリーもさることながらRADWIMPSが手がけた映画音楽も見どころのひとつでして、隅から隅まで刮目したいところです……!

【ツイッターユーザーのみなさんもワクワク♪】
新年早々、三葉と瀧くんに会える。作品ファンはもちろん、未見の人にとっても嬉しいこのニュースに、ツイッターには続々喜びの声が寄せられています。

「ついに時はきた」
「待ってたー」
「まさに2010年代を代表する不朽の名作。こんなに早く見れるとは。感謝感激」
「劇場に観に行くことができなかったので地上波初の放送すっごく楽しみです♪」
「みんなで同じ時間に観れるのが嬉しい!!」
「『入れ替わってるー』ってところでラピュタのバルス現象起きそう」
「20回は劇場に観に行ったしDVDも買ったけど、それでも放送が楽しみ」

【見どころポイント!】
出演者には、2017年大ブレイクした成田凌がヒロイン宮水三葉の同級生・勅使河原克彦(テッシー)役として登場したり、映画に登場する古典の先生は、新海誠の前作「言の葉の庭」に出ていた雪野先生が登場したりと初見の方もファンも見どころ満載です!
くわしくはPouchで過去に紹介した『君の名は。』あるある85連発をご覧あれ!

参照元:テレビ朝日、Twitter@kiminona_movie、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

Pouch[ポーチ]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

君の名は。をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ