注目ワード北朝鮮・演習 錦織圭・今季 韓国・合同 広陵・中村 漫画・浮浪雲 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

元日テレ政治部長 “メディアのドン”ナベツネ氏に引退勧告

NEWSポストセブン1月3日(月)10時0分

 御年84歳の“メディアのドン”読売グループ本社の渡邉恒雄会長が、民主・自民の大連立工作で永田町を騒がせたのはつい最近のこと。いまだ影響力を行使し続けるナベツネ氏こと渡辺会長について、ジャーナリストの上杉隆氏が、日本テレビ元政治部長の菱山郁朗氏と対談、ジャーナリストとはどうあるべきかを議論した。


 * * *

上杉:渡邉さんにも氏家さん(齋一郎・日本テレビ会長)にも何度か取材していますが、会うとすごくいい人たちですし、彼らの果たしてきた役割も否定しない。 ただ、もう時代が違う。左翼活動時代の手法を使って社内に細胞を作り自由な言論を封じ込めたり、国民の付託を受けない勝手な権力行使で政治に介入するのは、ジャーナリストとはいえません。

 

菱山:僕は、彼らのことを駒澤大学マス・コミュニケーション研究所の年報で権力至上主義者と書きました。権力にしがみついていないと甘い汁もすえないから、常に権力を取ろうとする。だから民主党が政権をとるとパッと鞍替えして、山里会(渡邉氏が主催する政治家と政治部記者の懇談会)にも旬な民主党の政治家を呼ぶ。要は志や理念より情報が欲しい。


上杉:やはり特殊な記者クラブ制度が、そういう人物を生み出した。記者が経営陣に入れるという異常なシステムも世界で唯一ですし。


菱山:おっしゃる通り、それは歪んでいます。結局、自民党がかつて金にまみれた総裁選挙をやって、そこに食い込んだ政治記者が、金にまみれた派閥からごちそうになり、そこで情報を取って、なおかつ情報をもとに影響力を行使してきた。そんな政治記者が、いまだに主筆として君臨しているのはおかしい。


 ナベツネさんにも氏家さんにも恩義があるし、優秀なジャーナリストだったことも認めます。だからこんなことはいいたくありませんが、いまの二人はジャーナリスト失格。一日も早く後進に道を譲って引退すべきです。

 

※週刊ポスト2011年1月7日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン
関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「元日」をもっと詳しく

注目ニュース
海老蔵「15,6時間」麻央さんの大手術を振り返る 日刊スポーツ8月21日(月)23時23分
歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が、今年6月に亡くなった妻の小林麻央さん(享年34)が闘病中に受けた、15〜6時間にもおよんだという大手術を…[ 記事全文 ]
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは アサ芸プラス8月21日(月)17時59分
夫の遺族が公開した遺書により、芸能活動継続の危機に瀕している元SPEEDの上原多香子。[ 記事全文 ]
続々出演取り止め!宮迫博之に残された道は「自宅謹慎」 まいじつ8月21日(月)19時1分
(C)まいじつ『週刊文春』誌上でふたりの女性との不倫疑惑が報じられ、出演していた保険会社のCMがホームページから削除された上に「違約金10…[ 記事全文 ]
松居一代「不倫は不道徳」船越英一郎に謝罪求める 日刊スポーツ8月22日(火)9時10分
夫で俳優の船越英一郎(57)と離婚調停中のタレント松居一代(60)が、「素直に謝るべき」と謝罪を求めた。[ 記事全文 ]
読売1面〈首相「3選望まず」6割今の総裁任期まで〉の衝撃 NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
2018年9月の自民党総裁選で3選を果たし、2020年に自らの政権下で新憲法施行を果たすことは、安倍晋三首相の宿願だった。[ 記事全文 ]
同じエリアのニュースを見る

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア