綾小路きみまろ 若い女性と中高年女性の喘ぎ声の違いを語る

1月3日(月)17時0分 NEWSポストセブン

綾小路きみまろさん(60)の自作川柳での誌上高座、今回は『年末年始の里帰り』をテーマに、中高年の「あの声」をぶった切ります。


* * *

【ふすま戸の 隣が気になる 姫始め】


田舎の家は部屋の仕切りがふすま戸。正月、夫婦の交わりも、隣の部屋の舅と姑を気にしながらでは声も出せません。


その声も、若いときと中高年では違ってくるということを、奥様、ご存じでしょうか?

若いとき、女性の張り上げる声は『ア行』です。「ア〜ッ!」「イィ〜! イイわ〜」、「ウッ!」と息を詰め、「エッ! そんなとこまで?」恥じらった後は「オ〜ッ!」という歓喜の絶叫。


ところが、ただブラブラしているだけで、オッパイも失敗と化してしまった中高年から出てくる声は『ア行』ではなく『ハ行』です。もはや、有効期限の過ぎたご主人の愛撫に燃えるものは何もなく、出てくるのは、ため息交じりの「ハァ〜ッ! フ〜ッ!」。


その後、眠りにつけば、怖い夢でも見てるのか「ヒ〜ッ!」突然の引きつった叫び声。翌朝、ご主人がそのことを指摘すると「ヘンことをいわないでよ!」「ホントなの?」なかなか、ご主人の言葉に同意しないのも、中高年の奥様なのです。


※女性セブン2011年1月6・13日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女性をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ