ムーディ勝山 仕事激減しダンディ坂野と間違われてつらい

1月3日(木)7時0分 NEWSポストセブン

ダンディ坂野と間違われてつらいと語るムーディ勝山

写真を拡大

 ムード歌謡をネタにした「右から来たものを左へ受け流すの歌」で大ブレイクしたお笑い芸人・ムーディ勝山(32才)。全盛期の2007年には、着うたダウンロード数210万件を突破、紅白歌合戦にも出場を果たした。しかし翌年以降、仕事が激減。今はテレビでその姿を見る機会はほとんどないが、2013年は再ブレイクできるのか? 一発屋芸人としての苦労と今年の目標を語ってくれた。


——最近はどんな仕事が多いですか?


ムーディ:ブレイクしていたころのような仕事量はいただけていませんが、地方でレギュラーを持たせていただいたり、「再生可能ボーイズ」というユニットとして、レイザーラモンHGさん、三瓶さん、楽しんごさん、天津木村さんの5人での活動もしています。それでもギリギリ食べていけているという状況です。


——仕事が激減してからは週5休みということもあったそうですね。


ムーディ:週5どころか、1か月全然仕事がないときもありました。そういうときは、着うたダウンロードの貯金を切り崩して生活していました。


——仕事がないと奥さんに言えなくて公園で過ごしたこともあるとか。


ムーディ:ありますね。やっぱり十何連休と家にいたら、さすがの嫁も“なんやこいつは”と思うでしょうから、やってしまいますね。だいたい一発屋の人はこれを経験しています。“あるある”ですね。誰がどの取材で言ってもいいフリー素材と言われる話題ですね。


——仕事が減っていちばんつらかったことは?


ムーディ:思い返すと全てがつらいことばかりです。ダンディ坂野さんに間違われたこともありますし。ひさびさのテレビでひな壇に座ったら、しばらく衣装を引き出しにしまっていたので“なんかタンスのにおいがするな”って周りの芸人に言われたりとか、張り切って体を動かしたら衣装からほこりが舞うとか、数えきれないですね。


——新しいネタや芸風は考えていますか?


ムーディ:考えていないです。


——メロディーも変えないんですか?


ムーディ:変えたこともあるんです。“WAWAWAの歌”というのをやったこともあるんですけど、今は誰も覚えてないぐらいなんで。メロディーよりも全力ですることが大事だと今は思っています。


——ひげを剃ったのはどうしてですか?


ムーディ:このままじゃあかんなと思って、イメージチェンジを図ったんですね、キャラを変えなきゃあかんなというのじゃないですけど。


——つけひげをつけていたこともありますよね。


ムーディ:ひげを剃った後、テレビ局の楽屋に行ったらつけひげが置いてあって、スタッフさんが、“ムーディさんひげないんですね。つけひげ用意しましたんでつけてください”って。イメージチェンジすら図れないという状況でした。


——2013年の展望や目標などはありますか?


ムーディ:地方でかわいがってもらいたいですね。地方ではまだぼくの名前が通っているので、地方だと喜ばれたりするんですよ。腰を低くしてそこに付け込んでレギュラー3本つかみ取ったので。


【ムーディ勝山】

1980年、6月11日生まれ。滋賀県出身。本名・勝山慎司。2007年、ムード歌謡ネタでブレイク。『エンタの神様』(日本テレビ系)『爆笑レッドカーペット』などバラエティー番組で活躍するも、その後、人気低迷し仕事が激減。2011年8月、一般女性と結婚。現在、『それいけミミゾー』(東北放送)などにレギュラー出演中。オムニバス映画『同じ星の下、それぞれの夜』(2月9日よりテアトル新宿他で全国順次公開)にニュースキャスター役で主演(http://www.onajihoshi.com/index.html)。

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

仕事をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ