注目ワード稲垣吾郎・文化放送 新垣結衣・コード・ブルー 利用規約・トイレ掃除 孫正義・孫氏 西内まりや・クリスマスイブ 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

石田衣良氏 「右傾エンタメ作品」ばかりが売れる社会を分析

NEWSポストセブン1月3日(金)7時0分
画像:石田衣良氏は文化の寡占化を憂う
写真を拡大
石田衣良氏は文化の寡占化を憂う
画像:読者が「右ぶれ」している、と石田衣良氏
写真を拡大
読者が「右ぶれ」している、と石田衣良氏

 NEWSポストセブンの年始恒例企画、直木賞作家石田衣良氏へのインタビューをお届けする。「文化が寡占化する日本」。(取材・構成=フリーライター神田憲行)


 * * *

 今の日本で嫌なのは文化的に寡占傾向が進んだということです。小説の世界でもアイドル、ドラマでも同じだと思います。誰かが何かを「面白い」と言えば、すぐ行列が出来ちゃう。行列の先になにがあるかわからないけれどとにかく並んでおくか、という貧しい時代のソ連のようですね。


 たとえば僕がいる小説の世界で言うと、フロー(新刊)は売れてもストック(古典)が全く売れないんです。いま生きている作家でも死んだら途端に売れなくなります。あまり表に出てないですが、リーマンショック以降、作家の3分の1は厳しい状況ですよ。でも出版界全体の売り上げはピーク時の3分の1が落ちたところ。音楽CDのように半減していませんから、これからもっと落ちるかもしれない。


 原因みたいなのが二つあって、まず読者全体が「右ぶれ」しているな、という感想があります。去年、僕が選考委員している小説賞の最終候補のうち5編のうち2編が戦争末期のテーマだったんですよ。敵の女スパイを拷問してみたいな描写があって、みんなどうしちゃったんだろうと思いました。僕は「右傾エンターテイメント」と呼んでいます。


 書く側からしても右傾エンターテイメントって、日本人の「古層」に響くところがあるんですよ。実は僕いま、ネットで軍国小説を連載しているんです。架空の近未来の軍国主義の日本が舞台で、主人公はそこの士官学校通っている。中途半端にセンチメンタルにおじいさんが国のために死んだという話を書くぐらいなら、徹底的に他の国を侵略して占領地にしてくらしていくしかない若い戦闘員たちの話を書いてみようと、極端に振れてみました。右傾エンターテイメントの世界に飛び込んでその禍々しさを書いてみると、「忠義を尽くす」とか戦闘シーンだとか、日本人てこういうの好きだよなとわかるんです。


 編集者の意識も変わってきました。いまの若い編集者はすぐ「スタジオジブリの本を作りましょう」って言うんだって。いやいや違うんだ、お前がジブリにならなきゃダメだろうと(笑)。作家の中でも最近は自分の小説を「商品」と呼ぶ人がいますからねえ。僕はいわない。商品といえばそうなんですが、それだけに収まらない精神性とか魂みたいなのがこもっているから良いわけじゃないですか。僕は商品と強がっていわないといけないほど、読者のこと信頼していないわけじゃない。


 文化的に寡占が進む二つ目の理由が、若い人が本当に疲れていることです。この間、若い人と話をしたんですが、彼がいうには毎日契約社員とかバイトしていると夜中に帰ってきて崩れるように寝るだけで、テレビとか映画をみる余裕がない。そういうなかで、もし見るとするなら癒やし効果があるもの。たとえば若い人に人気がある「ライトノベル」で多いパターンは、主人公は取り柄もないけれど女の子に続けて惚れられる。敵には無敵に勝つ。そんなのが今わりと売れています。ドラマの「半沢直樹」にしても、ある意味で「水戸黄門」なんですよ。リアルがあまりにも辛いので、本当に痛みを描いたドラマとかダメなんですよ。



 それぐらいみんな疲れているんですね。その根っことヘイトスピーチと右傾エンターテイメントがつながっているんですよ。みんな生活の疲れが来ちゃっているんだなあという気がしますね。自分たちがこれだけ苦しいから、在日がもっと苦しめ、生活保護は許せん。グローバリズムは本当に辛いなあ。


 そう言ってても仕方ないんで、日本は安全な社会という点では素晴らしいし、みんな無理してでもおもてなしで頑張るし、いいところはいっぱいある。来年も今年と変わらず、陽の当たるところと当たらないところの差がはっきりついていくだけの話です。その中である種の人々は浮かれているけれど、生活の苦しさも増していく。生きて行くには、難しいけれど自分のなかの戦う武器を作って、この社会全体のシステムをうまく利用する人間になるしかないと思う。


 社会の坂道がどんどん急になっていく。全員が豊かになる社会はもうこない。その坂道に爪を立てていけるか、どうしがみつけるか這い上がっていか考えるしかない。もうこれが王道だという生き方はないんですよ。自分ができる範囲で頑張り、世界の潮流を捉まえて高く飛ぶことを考えるしかない。(談)

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「石田衣良」をもっと詳しく

注目ニュース
稲垣吾郎をテレビ朝日系の芸能プロダクションが獲得表明へ まいじつ7月20日(木)19時31分
稲垣吾郎がジャニーズ事務所を退所する9月8日以降、所属する芸能事務所が見つからない場合に、テレビ朝日が獲得に乗り出すことが明らかになった。[ 記事全文 ]
新垣結衣、共演女優が公開告発するも視聴者は全面支持したDL「裏切り行為」! アサ芸プラス7月20日(木)5時59分
普通であれば一気に信頼を失うけど、ガッキーなら仕方ない!?新垣結衣が7月13日に放送されたバラエティ番組「VS嵐夏の2時間スペシャル」(フ…[ 記事全文 ]
西内まりや結婚&芸能界引退「Xデー」はクリスマスイブか まいじつ7月20日(木)19時0分
(C)まいじつタレントの西内まりやが、日米ハーフのモデルの呂敏(ろびん)と24歳の誕生日にあたる今年のクリスマスイブに結婚するという情報を…[ 記事全文 ]
TBS「世界の怖い夜」で放送の心霊写真は合成か 元画像には霊が写っておらず持ち主は怒り BIGLOBEニュース編集部7月20日(木)12時36分
TBS系で19日に放送された番組「生き物にサンキュー&世界の怖い夜合体3時間SP」で合成の心霊写真が使われたと、元画像の持ち主がTwitt…[ 記事全文 ]
顔面フル装備防衛大臣に「無神経さがにじみ出ている」 NEWSポストセブン7月20日(木)7時0分
女性セブンの名物還暦記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中の様々なトピックにメスを入れる!今回のターゲットは稲田朋美防衛大臣です。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 TBS「世界の怖い夜」で放送の心霊写真は合成か 元画像には霊が写っておらず持ち主は怒りBIGLOBEニュース編集部7月20日(木)12時36分
2 新垣結衣、共演女優が公開告発するも視聴者は全面支持したDL「裏切り行為」!アサ芸プラス7月20日(木)5時59分
3 顔面フル装備防衛大臣に「無神経さがにじみ出ている」NEWSポストセブン7月20日(木)7時0分
4 「安心してください。パイパンですよ」吉野七宝美、超ハイレグ水着のPR動画がエロ面白いと話題メンズサイゾー7月20日(木)10時0分
5 <抱かれたい男2017>総合部門1位はどのセクシー男? キムタク、福山は転落週刊女性PRIME7月19日(水)22時10分
6 稲垣吾郎をテレビ朝日系の芸能プロダクションが獲得表明へまいじつ7月20日(木)19時31分
7 上西小百合議員、裏側まで放送された“ツイート炎上会見”に坂上忍「擁護する気はないが可哀そう」Techinsight7月19日(水)19時57分
8 山下智久、ネコ関連クイズで繰り返した「根本的な間違い」の赤っ恥!アサ芸プラス7月20日(木)9時58分
9 中居正広でもリカバー不能?「音楽の日」で歌手LiSAを巡って大放送事故!アサ芸プラス7月20日(木)5時58分
10 西内まりや結婚&芸能界引退「Xデー」はクリスマスイブかまいじつ7月20日(木)19時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア