アナ雪、花アン、昼顔 「からまる女子」が注目される背景は

1月3日(土)16時0分 NEWSポストセブン

「女性たちが世の中を元気にしていく時代です」と品田英雄氏

写真を拡大

 昨年話題になった映画やドラマは「女性発」の人間関係や恋愛話で溢れていた。


 ディズニー映画の大ヒット作『アナと雪の女王』、高視聴率を叩き出したNHKの『花子とアン』、既婚女性のW不倫が話題となった『昼顔』(フジテレビ)、“マウンティング女子”という流行語を生んだ『ファーストクラス』(フジ)……。


 これも女性活用の時代、“ウーマノミクス”の影響か。女性の絡みが注目を浴びる現象を<からまる女子>と名付けたのは、トレンドウォッチャーとして知られる『日経BPエンタテインメント』編集委員の品田英雄氏だ。


 2015年も引き続き女性が主導権を握り、男性はますます頼りない存在になってしまうのか。品田氏に占ってもらった。


 * * *

 昨年ヒットした映画やドラマをみると、良くも悪くも女性たちが世の中を元気にしていくんだ——という時代の空気をひしひしと感じます。


『花子とアン』、『昼顔』、『ファーストクラス』(第1期)はいずれも女性脚本家が手掛け、ときに女性同士の微妙な関係も描いています。女性だけしか気付かない世の中の変化を再現することに成功すると同時に、男たちが想像する女性像はとっくに通用しないことを明らかにしました。


 女性同士が順位づけをする行為の「マウンティング」も、女子中や女子高では常にあった話ですが、“見える化”をしたことで改めて女性同士の一歩踏み込んだ関係に驚かされた男性も多いはずです。


『昼顔』では人妻たちの恋愛ニーズを浮き彫りにしました。これまで不倫をテーマにしたドラマといえば、しょせんは作り話で日常生活とかけ離れているから憧れるんでしょ? と男性たちは思ったはずです。


 ところが、フジテレビの情報番組「ノンストップ」が恋する既婚女性を「昼顔妻」と呼んで度々特集を組んだところ、当人たちの投稿が次々と寄せられたのです。


“壁ドン”にときめく女性がたくさん出てきたのも、恋愛に対する再評価がなされているから。リアルな壁ドンのシチュエーションはなかなか考えられませんが、「白馬に乗った王子様は現れず、周囲には頼りない男性しかいない」という女性たちの不満の裏返しともいえます。


 では、2015年も男性の陰は薄くなるばかりで、中年オジサンはますますモテなくなってしまうのかといえば、そんなことはありません。


 中年男性が昔ハマったプロレス人気が復活して女性ファンが急増していたり、太川陽介さんが路線バスを使って旅するテレビ番組が若い女性たちに新鮮に映ったりと、“オジ知る系”が再び脚光を浴びる現象が起きています。


 また、私個人の話をすれば、サルサ音楽に合わせて男女ペアで踊るダンスに夢中になっていて、興味を持つ若い女性たちが増えています。


 デジタル全盛時代だからこそ、こうした人間味あふれるコンテンツは多少品がなくてもハンデにはなりません。男性たちが行動力を持って再び輝きを放つようになれば、女性との距離もぐっと縮まってくると信じています。

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ