BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

山本圭 洋画吹き替えは役に入り込まず台本の言葉に合わせる

NEWSポストセブン1月3日(日)7時0分

 俳優の山本圭は、洋画の吹き替えや朗読、ナレーションなどでも名高い。声だけの芝居について山本が語った台本についての言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。


 * * *

 山本圭は『ディア・ハンター』でのロバート・デ・ニーロを始め『ドクトル・ジバゴ』『ジャッカルの日』など、数多くの洋画吹き替えもしてきた。


「最初はBBCの『シェークスピア劇場』をNHKでやった時にデレク・ジャコビのハムレットの声を入れた時だったと思います。典型的なイギリス英語で演じていましたが、それを意識してもしょうがないですし、やはり自分のやり方でやるしかないと思ってやりました。


 吹き替えだからといって、特別に変えることはありません。自分から合わせなくとも、日本語をちゃんと喋ればその俳優の口に合うように台本ができていますから。ですから、訳の人の手腕の方が必要なんですよね。


 こちらで役を作り込んだりすると、かえってダメなんですよ。別の芝居になってしまいますから。大事なのは、その俳優の魅力を汚さないようにすることです。自分を主張する場ではありません。


 台本の字句が上手く収まるようにすれば、その役になれます。役に入り込んだりはしない方がいい。台本の言葉に合わせていけばいいんですよ。そういう意味では朗読とは違いますね。同じ声だけの芝居でも、ラジオドラマもまた違います。ラジオドラマは絵がないですから、耳でもってあたかも具体的な何かがあるように感じてもらえるよう芝居しないといけません」


 1990年代以降は『白線流し』『ひとつ屋根の下』(いずれもフジテレビ)などのテレビドラマで、親子ほどに歳の離れた若手と共演することも増えている。


「『ひとつ屋根の下』は脚本家の野島伸司君やフジテレビのスタッフたちによる『若者たち』へのオマージュですね。相手が若いからといって、意識はしません。『君ね、ここはこういうふうにやったらどう』というのは、一番よくないですね。


 その人を尊重して、その人がよほど『これはどうしたらいいですか?』と聞いてきた時には『今のままでいいんじゃない』『ここはもう少しトーンを上げてみたらどうだろう』と答えることもあるとは思いますが。


 あくまで、俳優は台本ありきの存在です。その中で、自分はどういう役割を担えばいいのか、そしてその役割をどう果たすのか。それだけなんですよね。


『自分だけ良ければそれでいい』という人もいます。でも、俳優の役目というのは、自分を必要以上に売り出そうとしたり、自分のことを声高に主張したり、ということではありません。演出家が俳優に望んでいるのは、『この話のこの部分を埋めてくれればいい』ということです。ですから、それに合うように自分なりのやり方でやれば、その役目を果たせると思います。


 もちろん、主役の時は周りから支えられていますから、その人たちにお任せする部分はあります。一方で、脇に回る時は主役を支える側になるわけですから、どうすれば彼や彼女がやりやすいかということが、大事な要素になってくるんじゃないでしょうか。ですから、やはり演技というのは一つのチームプレーなんだと僕は思っています」


■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』(文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』『市川崑と「犬上家の一族」』(ともに新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。


※週刊ポスト2016年1月1・8日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「言葉」をもっと詳しく

注目ニュース
森昌子 包丁で応戦!ワンオクTakaに行った“恐怖の鬼母教育” 女性自身8月19日(土)6時0分
歌手の森昌子(58)が18日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系・金曜21時〜)に出演し、自身の怖すぎる教育論を語った。[ 記事全文 ]
宮迫博之の不倫騒動にアフラックが大激怒!多額の契約金返還か まいじつ8月18日(金)19時0分
(C)まいじつお笑いコンビ『雨上がり決死隊』の宮迫博之が、8月16日に保険会社大手の『アフラック』からCM契約を解除されていたことが分かっ…[ 記事全文 ]
宮迫博之に迫るベッキー超え惨事!テレビ局が恐れる「最悪のシナリオ」とは? アサ芸プラス8月18日(金)9時58分
不貞疑惑に揺れるお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、徐々に窮地に立たされているようだ。[ 記事全文 ]
岩佐美咲、演歌歌手として存在感高める オリコン8月19日(土)8時10分
岩佐美咲が、今年1月にリリースした6thシングル「鯖街道」(最高位:演歌・歌謡部門1位/総合10位)の特別記念盤を8月23日に発売する。[ 記事全文 ]
辻希美の「汚風呂騒動」に同情 小木博明「そんなことで叩かれるんだ」 J-CASTニュース8月18日(金)12時2分
お笑いコンビ「おぎやはぎ」の2人が2017年8月18日未明放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ系)の中で、タレントの…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 宮迫博之に迫るベッキー超え惨事!テレビ局が恐れる「最悪のシナリオ」とは?アサ芸プラス8月18日(金)9時58分
2 宮迫博之の不倫騒動にアフラックが大激怒!多額の契約金返還かまいじつ8月18日(金)19時0分
3 ビッグダディが“AV男優デビュー”を発表ナリナリドットコム8月18日(金)11時15分
4 辻希美の「汚風呂騒動」に同情 小木博明「そんなことで叩かれるんだ」J-CASTニュース8月18日(金)12時2分
5 赤西仁、黒木メイサとの“夫婦ショット”公開でファン騒然「そっくり」「2人とも男前」モデルプレス8月17日(木)23時59分
6 稲垣吾郎、ジャニーズ退所は「自分で決めたこと」日刊スポーツ8月18日(金)9時12分
7 露骨日テレ「香取、草彅いなかったことに…」過去映像から排除!まいじつ8月17日(木)11時15分
8 広瀬すず、タンクトップ姿披露にファンから「なんかエロい」 クランクイン!8月18日(金)7時30分
9 上原多香子「奔放だった男グセ」を「居酒屋デート」ミュージシャンが初激白!アサ芸プラス8月17日(木)17時59分
10 小嶋陽菜のセクシーすぎる絶対領域にファン歓喜! 『有吉の夏休み』出演にサービスショットを期待する声おたぽる8月18日(金)9時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア