鈴木奈々、結婚5年の夫との生活と茨城に住み続ける理由語る

1月3日(木)7時0分 NEWSポストセブン

夫とはラブラブだという鈴木奈々

写真を拡大

 2012年以降、年間300本以上のテレビ出演をこなし、バラエティー番組で見ない日はないほどの人気ぶりの鈴木奈々(30)。プライベートでは2014年に一般男性と結婚し、「旦那さん大好き!」と公言している。そんな鈴木に、夫婦円満の秘訣などのエピソードを聞いた。


——旦那さんとの関係は?


鈴木:もちろん良好です! 私にもったいないと思うくらい素敵なかたです。中学の同級生で、成人式で再会して、そこからおつきあいが始まりました。交際5年、結婚してから5年。20才から30才まで、旦那しか知りません。


 旦那は見た目は草食系です。182cm、55kgで、アンガールズの田中(卓志)さんみたいな体形。男らしい人で、私はデートで1回もお金を出したことないです。そういうところもカッコイイと思っていました。


——毒舌な男性にドキドキするそうですが、旦那さんも毒舌家?


鈴木:全然、優しすぎる人です。でも最近、旦那が毒舌なんです。キュンキュンするし、“ライトSM”みたいで、すっごい興奮する。私は超Mなので(笑い)。ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)を私が見ていて、小栗旬さんの役のような毒舌っていいなと思っているのを旦那は知っているから、寄せてくれたのかも。


——旦那さんに叱られたい?


鈴木:はい。私は不規則な仕事なので、夜中に帰ると旦那は寝ているんですよ。叱られたくて、わざと起こしたりします(笑い)。


——結婚して5年。マンネリはしない?


鈴木:波はありますよ。つきあっていたときは1日200回キスしてたんです。ずっとチュッチュしていたのに、結婚してからはキスが減って、今は1日1回もキスしない日がある。だからマンネリ防止に、週に1回はデートしています。


部屋着はジャージーなので、デートのときはおしゃれをして、上野や表参道で待ち合わせます。そして手をつないだり腕を組んだりして、おつきあいしているときの感覚に戻るんです。


——今でも茨城県に住んでいるのはなぜ?



鈴木:私と旦那さんの地元だし、旦那さんは茨城県で働いているんです。それに、芸能界って浮き沈みが激しい仕事なので、怖いじゃないですか。それもあって、茨城県を拠点にしています。仕事は東京が多いので、電車で片道1時間30分かかるけど、茨城県ラブなので。


マイホームを茨城県で建てたくて、展示場を見たり土地探したりするんですけど、大きな買い物になるから慎重になっています。バーベキューができる庭も欲しいな。


——そのために節約している?


鈴木:普段から、あまりお金は使わないんだけど…。例えば、実家でご飯を食べてます、お金がかからないから。それを節約と言ったら、親に怒られるからな? 旦那の実家にも1週間に1回行って、お義母さんに料理を教えてもらっているんです。そして食事して帰ってくる。だから食費はあまりかからないですね。


仕事で行けない日があると「今週は来ないの?」って旦那経由で連絡がくるから、お義母さんも来るのを楽しみにしてくれていると思います。


——夫婦円満の秘訣は?


鈴木:旦那がすごく感謝してくれるんです。私がごみを捨てたら、LINEで「ゴミを捨ててくれたんだね、ありがとう」って。こういうの嬉しいですよね。私がお風呂に入ると、バスタオルとかパジャマを用意してくれるから、ありがとうって伝えています。「することが当たり前」にならないように、お互いに感謝を大切にして、きちんと伝えることを心がけています。



【鈴木奈々(すずき・なな)】

1988年7月9日生まれ。茨城県出身。2007年にファッション誌『Popteen』でモデルデビュー。2011年『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)番組内の、おバカナンバー1を決める『B-1選手権』でグランプリを獲得。“新おバカ女王”となる。現在バラエティーを中心に活躍中。


撮影■浅野剛

NEWSポストセブン

「鈴木奈々」をもっと詳しく

「鈴木奈々」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ