気になる大物芸能人の食卓と酒宴(8)自腹ゼロ?沢尻エリカの“豪遊伝説”裏

1月4日(金)17時59分 アサ芸プラス

 かつて、若手女性芸能人の夜遊び派閥「沢尻会」を率いたと言われる、沢尻エリカ

「本人は、そんな会はないと否定していましたが、沢尻の周囲には多くの酒好き、パーティー好きの美女が集まっていたことは間違いありません」(芸能プロ関係者)

 その主要メンバーであったのが、あびる優岩佐真悠子であった。その飲み方は、とにかくヤンチャだったという。

「あびるとの仲の良さは相当のもので、一時期は毎晩のように2人で飲み歩いていました。高級ホテルのバーラウンジや老舗のワインバーで、一本数十万円する高級ワインをポンポン空けては泥酔して大騒ぎしたという話も伝わってきます。そんなエピソードが広がり、『沢尻会』の伝説が作り上げられたのかもしれません」(前出・芸能プロ関係者)

 そこで気になるのは、その会計を誰がもったのかだ。

「ほとんどは、当時、沢尻の才能にほれ込み可愛がっていたある実業家の名前でOKだった、と言われていました。自由に使えるクレジットカードを持たされていたという話までありましたね。いずれにせよ、一日の飲み代が100万円を超えることもよくあったそうですが、沢尻が自腹を切ったことはほとんどなかったとか。以前、沢尻は矢吹春奈との仲のよさでも知られていましたが、矢吹と沢尻は、この実業家のお気に入りのナンバーワン、ツーと言われていましたね」(芸能記者)

 これがエリカ様のド派手な夜遊びの真実だったようで。

(露口正義)

アサ芸プラス

「芸能人」をもっと詳しく

「芸能人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ