【アニメキャラの魅力】手先が器用な学園お助け団のリーダー!!「藤崎佑助」の魅力!『SKET DANCE』

1月4日(日)9時41分 キャラペディア

(C)篠原健太/集英社・開盟学園生活支援部・テレビ東京

写真を拡大

 週刊少年ジャンプで連載されている大人気漫画作品『SKET DANCE』。その中で、学園のお助けクラブ「スケット団」を設立した人物で、「ボッスン」の愛称で親しまれるリーダーの「藤崎佑助」の魅力についてご紹介致します。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■見た目は普通

 黒い外ハネの髪に、制服は長ズボンではなく黒の短パン。そして常に帽子を被っており、帽子にはゴーグルがついています。これが、ボッスンのトレードマークなのですが、そもそも制服に関して高校の規則ゆるすぎる気がしますが。

■特技は集中・手先が凄く器用

 ボッスンの特技と言えば、集中する事。いつも頭に付けているゴーグルを装着すると、とてつもなく集中力が増し、それまでに見てきた行動・台詞・状況すべてを思い出す事ができます。それによりスケット団に依頼してきた人の問題を解決へ導くわけですが、集中する様子が大変地味な上に、呼吸すら出来ない程なのでゴーグルを外した瞬間は鼻水や涙がダラッダラの状態です。ものすごい不細工になるので、時々この人本当に主人公なんだろうかと疑いたくなります(笑)。

 また、手先がもの凄く器用で、折り紙や似顔絵などの作業はもちろん、漫画のベタ塗りやトーン貼り等、同じスケット団のメンバーのヒメコに全力でツッコまれる程の器用さです。物まねも得意で、表情だけでなく骨格も変化させられる程の徹底ぶり。その突出した器用さには頭が下がります。

■生徒会執行部に双子の弟

 スケット団と対立する生徒会執行部の会長「椿佐介」が、生き別れた双子の弟という事が高校在学中に発覚します。それ以前にも、お互いに似た行動を取る事があった為、疑念はあったようですが、ある日実際に家族からカミングアウト。最初こそ戸惑いがあったものの、今までと同様に付き合っていくという事で落ち着いたようです。しかし、双子だと分かった後は生徒会とスケット団の周りの皆のからかいの対象になりました。素直になれない二人の様子が微笑ましいので、からかう理由は分かる気がします(笑)。

 ボッスンは、人一倍仲間想いで困っている人を放っておけない性格。必要とあらば自分の身すら捨てて助ける程です。そんなボッスンだからこそ頼り、頼られ友達も多く、時には逆に助けられることもあります。現実にいたら、相当モテるタイプの人物かと思いますが恋愛系に関しては鈍感なので、彼を落とすのは一苦労でしょう。アニメは、原作の途中で終了しましたが、是非二期を放送してほしいものです。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:Kiki(キャラペディア公式ライター)

(C)篠原健太/集英社・開盟学園生活支援部・テレビ東京

キャラペディア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ