BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

食える噺家は100人だけ、落語界昇進制度の歪み

ダイヤモンドオンライン1月4日(水)6時0分
画像:食える噺家は100人だけ、落語界昇進制度の歪み
写真を拡大

前座、二ツ目、真打、ご臨終──。落語家に定年はない。生涯現役の高齢者比率が高まっており、いよいよ、昇格システムに歪みが見え始めている。落語家稼業の厳しい実態に迫った。(週刊ダイヤモンド2016年7月9日号特集「落語にハマる!」より)


 かつては不景気になるたびに、入門者が殺到していた落語家。今では、落語好きがファンでいることにとどまらず、「好きなことを職業に」と考える若手が増えた。


 その結果、落語家数は約800人にまで増えた。江戸時代以降で過去最多の人数である。


 入門者の激増は、「真打昇進制度」と呼ばれる昇格システムに歪みを来し始めている(上方落語協会は除く)。落語家は入門すると、まずは真打を目指す。通常は、入門から真打になるまで13〜16年かかるが、よっぽどの失態を犯さない限り、エスカレーター式に上がっていく仕組みだ。


 まれに、所属協会と席亭(寄席のオーナー)の信任があれば、異例の抜てき人事が発動される。最近では、春風亭一之輔が7年で真打に昇進したのが記憶に新しい。


 落語界では、真打になれば一人前。弟子がいてもいなくても、「師匠」と呼ばれるようになる。だが、真打になればバラ色の人生が待っているかといえばそうではない。


 現在、東京の落語家数は545人なのだが、そのうち真打は352人。全体の65%が真打=師匠で占められる逆ピラミッドの構成になっている(次ページ図参照)。まさしく“真打バブル”である。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

DIAMOND,Inc. All Rights Reservedi.

はてなブックマークに保存

ダイヤモンドオンライン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「落語」「昇進」「落語家」「定年」の関連トピックス

「落語」をもっと詳しく

注目ニュース
楽しんご、過去の暴行事件を反省「調子に乗ってた」 日刊スポーツ8月21日(月)12時31分
お笑い芸人の楽しんご(38)が、元マネジャーの男性を殴ってケガをさせたとして傷害容疑で書類送検された過去の事件について「調子に乗ってた」と…[ 記事全文 ]
柴咲コウ主演NHK「直虎」さらば政次12・4% 日刊スポーツ8月21日(月)10時17分
女優柴咲コウ(35)が主演し、20日に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(日曜午後8時)の第32話の平均視聴率が、関東地区で12…[ 記事全文 ]
中越典子、母になり「感情が豊かになった」 第1子出産後初公の場 オリコン8月21日(月)13時13分
女優の中越典子(37)が21日、東京・神田明神で行われた映画『関ヶ原』(26日公開)大ヒット祈願イベントに出席した。[ 記事全文 ]
水卜麻美アナ「酔うとすぐ泣く」被害妄想癖明かす 日刊スポーツ8月21日(月)10時40分
日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)が21日、10月からレギュラー出演する同局系「スッキリ!!」にゲスト出演した。[ 記事全文 ]
【直虎】壮絶、“政次の一生”に「神回」の声 オリコン8月20日(日)22時11分
20日にNHKで放送された大河ドラマ『おんな城主直虎』(毎週日曜後6:00BSプレミアム/後8:00総合)が、「近年の大河ドラマの中でも稀…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア