浜崎あゆみが見そめた 「かけだし」俳優の氏素性

1月4日(火)17時53分 J-CASTニュース

   電撃結婚を会員向けサイトとツイッターで報告し、新年の話題をさらった歌手の浜崎あゆみさん(32)。オーストリア人俳優である夫とは、彼女のプロモーションビデオ(PV)で共演して知り合ったらしいが、どんな人物なのか知る人は少なく、経歴もはっきりしない。



「私、浜崎あゆみは、ひとりの人間として、ひとりの女性として、もうひとつのかけがえのない愛に出逢いました」

ウェディングソング「Virgin Road」で共演

   紅白歌合戦出演を終えてから日付の変わった2011年の元日午前1時半ごろ、会員向けサイトで、浜崎さんはこう報告。同日にはアメリカ・ラスベガスで挙式をすませ、ツイッターでも「旦那はんが、本年より、リアル旦那になりまする」と書き込んでいる。


   浜崎さんの「旦那」となるのは、オーストリア国籍でアメリカ・ロサンゼルスを拠点として活動中の俳優、マニュエル・シュワルツさん(Manuel Schwartz、30)だ。2人の出会いは2010年8月。アメリカ・ロサンゼルス郊外の砂漠で行われた、浜崎さん初となるウェディングソング「Virgin Road」のプロモーションビデオ(PV)の撮影で共演したことがきっかけだという。


   マニュエルさんは、現地の俳優を対象として行われた、オーディションに参加。最終選考で浜崎さんのプッシュもありPVへの出演が決定した。PVは、結婚式を挙げた後の逃避行を描いた内容となっており、新郎役のマニュエルさんが新婦役でドレス姿の浜崎さんの手を取ってバージンロードを歩く。将来を予言したかのような演出で、浜崎さんが「リアル旦那」と表現しているのはこのため。10月には続編となるPV撮影もあり、それから急速に仲を深めたようだ。


「リーバイス」のCMに出演

   浜崎さんがマニーと呼ぶ彼の身長は180cmほど、パーマがかった長い黒髪、口髭・顎髭をたずさえたイケメン。スポーツ紙は彼を、米俳優のジョニー・デップともキアヌ・リーブスとも形容している。自身の公式サイトなどによると、特技にロッククライミングやスカイダイビング、登山など多くのアウトドアスポーツを挙げるスポーツマンだ。


   どんな仕事をしてきたかについて、ネットで検索してみると、ジーンズブランド「リーバイス」のCM出演が確認できた。1分30秒程度の短い動画の中で彼は、女性とのキスシーンをみせている。また、いくつかのミュージックビデオにも俳優として出演していたようで、女性の恋人役が多い。もっとも、俳優としてメジャーな仕事があったのかはわからなかった。


   このように彼の素性、活動の経歴などが伝わってこないことなどから、ネット上では「あゆと釣り合うのか?」「格差婚な感じを受ける」「何ヶ月保つか?」など前途を不安視する声も出ている。フジテレビ系情報番組「とくダネ!」(1月4日放送)でも司会の小倉智昭さんが「なぜ日本のトップスターがかけだしの俳優にとられたの?」と首をひねっていた。


   また、2人は日本とアメリカをそれぞれ拠点としているので、遠距離生活となりそうなのも不安材料だ。もっとも、芸能リポーターの前田忠明さんは「とくダネ!」で、「(浜崎さんは)年に3回くらいは必ず(プロモーション撮影でアメリカに)行くんです。しかも長期滞在になりますから、(お互いが)行ったり来たりすれば大丈夫でしょう」と指摘している。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

だしをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ