吉本実憂、髪30cmカット秘話「運命に頼らず自ら分岐点を作りたい」

1月4日(木)12時0分 マイナビニュース

オスカープロモーション所属のタレントが集う毎年恒例マスコミ向けイベント「晴れ着撮影会」が昨年12月7日、東京・明治記念館で行われ、女優の吉本実憂(21)が出席した。今年の印象深かった出来事について、ロングヘアをカットしたことを会見で挙げた吉本。そこにはどのような思いがあったのか。終了後に話を聞くと、自らハサミを入れたことに「自分で分岐点を作れるくらい強くなりたい」という言葉が重なった。

○初めて自分の髪をザクッ!「楽しかった」

吉本実憂 撮影:宮川朋久

2017年は30センチ髪を切って気持ちにも変化がありました。ドラマの役作りで、ロングからボブに。もともと原作が好きだったんですが、そのオーディションを受けている時、「このまま受かったら髪切るのかな」となんとなく予感はしていました。それから、「受かりたい!」と同時に「髪を切りたい!」になってしまって(笑)。

最初にハサミを入れる時は、自分でやらせていただいて、すごく緊張しました。初めて自分の髪をザクッと切って、楽しかったなぁ(笑)。小さい頃は、お母さんの影響でモンチッチみたいな髪型でした。物心ついた時から仕事をはじめる前までずっと今ぐらいの長さなので、こっちの方が自分らしくいられるような気がします。

X21卒業で知った新たな自分

2017年はX21を卒業した年でもありました。自分はリーダーに向いてないとずっと思っていて、自分の成長や変化はそこまでなかったような気がします。リーダーの役目を何も果たせなかったんですが、ずっと自分が心掛けていたのは「背中で見せる」。誰よりも努力してパフォーマンスを磨いていったら、みんながついて来てくれるんじゃないかとずっと意識していました。

卒業してから、伝わっていたんだと分かりました。「本当はもっと一緒にしゃべりたかった」とか、「このパフォーマンスが好きだった」とか伝えてくれて、みんな意外と私のことを考えてくれてたんだなって。X21のグループメールがあって、卒業して4カ月ぐらいしてからやっと抜けたんですが、私も伝えたいことが止まらなくて。自分のそういう一面を知ることができて、さびしさも感じました。

○国民的美少女コンテストグランプリの"運命"

2018年は音楽劇の舞台『三文オペラ』(KAAT神奈川芸術劇場・1月23日〜2月4日)からスタートします。オーディションは2日前に聞かされたんですが、ずっと舞台に挑戦してみたかったので楽しみでした。その場でもらった台本で演出家の方とお芝居をしたんですが、大声を出したりして対抗していたらすごくスカッとして。何曲か歌う音楽劇です。今、必死に覚えています。

2017年は女子高生役、OL役、町娘役、不良役……いろいろな役を演じさせていただきました。自分じゃない人格になるというか、その役の人生を歩ませていただいて。フィクションとはいえそこには大切なことが詰まっていて、やっぱりお芝居は深くて面白いと思います。もちろん、作っている時の不安やプレッシャーもあるんですけど、お芝居をしてカットがかかるとストレスを発散していることに気づきます。

国民的美少女コンテストでグランプリをいただいたこともそうですが、今までは運命に頼って生きてきた身なので、自分で分岐点を作れるくらい強くなって、自分で何かをつかみとれるくらいになりたいです。

■プロフィール吉本実憂(よしもと・みゆ)1996年12月28日生まれ。福岡県出身。身長160cm。AB型。2012年に第13回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞。2014年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』に抜てきされた後、『アイムホーム』(テレビ朝日系)、『表参道高校合唱部!』(TBS系)、『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(フジテレビ系)、『時をかける少女』(日本テレビ系)、『とと姉ちゃん』(NHK)、『クズの本懐』(フジテレビ系)、『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)、『さくらの親子丼』(フジテレビ系)などに出演。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

吉本実憂をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ