鈴木亮平、2018年のテーマ"敬天愛人" 「恐るべし大河!」撮影報告

1月4日(木)15時45分 マイナビニュース

俳優・鈴木亮平(34)が4日、オフィシャルブログを更新し、NHK大河ドラマ『西郷どん』(1月7日スタート・毎週日曜20時〜20時45分)を告知。自身の今年のテーマを「敬天愛人」と発表した。

鈴木亮平

『西郷どん』で主演を務める鈴木。新年のあいさつにはじまり、「いやー、いよいよ『西郷どん』の初回放送が始まりますね。あと3日ですってよ」と呼び掛け、「気がつけば、撮影が始まってすでに半年」と振り返った。

続けて、「半年も西郷さんの人生を生きているわけですが、『まだまだ生き足りない!もっと生きたい!』というのが正直な気持ちです」と打ち明け、「それもそのはず、撮影期間でいうとやっと3分の1を過ぎたくらいですからね。長いっ!(笑)恐るべし大河!さすが大河!これからやってくるべき西郷さんの波乱万丈の人生を生きるのが、今から楽しみでなりません」「皆さんと一緒に、一年をかけて、西郷どんの成長を楽しんでいきたい」と心境をつづった。

鈴木は年始に「今年のテーマ」を発表している。2016年は「吸収」、2017年は「人に会う」だったが、2018年は西郷隆盛も大切にしていたといわれる「敬天愛人」。「天を敬い、人を愛す。掲げるにはあまりに偉大な抱負ではありますが、この心を持ってことに臨めば、困難な道も必ず進んで行けるはずだと」と掲げた理由を説明している。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

鈴木亮平をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ