嵐マネージャー11人が明かす「1番感動したステージパフォーマンス」とは

1月4日(木)11時58分 モデルプレス

嵐マネージャー11人が明かす「1番感動したステージパフォーマンス」とは (C)モデルプレス

写真を拡大

【嵐/モデルプレス=1月4日】嵐の5人が3日放送のフジテレビ系「アラおめ2018 嵐ツボ まだ決まっていないランキングお正月SP」(16:15〜18:00)に出演。歴代マネージャーたちが嵐の“1番感動したステージパフォーマンス”を明かした。

◆歴代マネージャーが明かす「感動のパフォーマンス」とは?

番組では歴代マネージャー11人に聞いた“1番感動したステージパフォーマンス”をランキングで発表。マネージャー達からは、嵐10周年を記念して作られた曲「5×10」が1番という声が多く寄せられた。

嵐自身が作詞をしたこの曲。番組では国立競技場で行われた『ARASHI Anniversary Tour 5×10』(2009年)で嵐がこの曲を披露する映像が流され、「この曲は泣けます」「あの場所であの歌を聞いた時、今まで嵐のマネージャーでよかったと思いました」という感動コメントが紹介された。 

これには櫻井翔も「特別な意味合いのある曲だもんね」と感慨深げに語っていた。

◆個人1位は大野智のソロパフォーマンス

個人のパフォーマンスで1位となったのは、大野智のソロステージでの足さばき。「いつも眠そうな大野が、年に1度だけ見せるソロナンバーは毎回鳥肌が立つ」「毎回細かく振り付けを変えるのが楽しみで仕方ない!」となどとコメントが寄せられた。

大野は「最近は自分で振り付けするのが普通になってきちゃってるから、何か面白いことしなきゃいけない感じだね」と語っていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

パフォーマンスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ