木村拓哉“ドッキリ”なのに「いつまでイイ男を演じるの?」と叩かれる

1月4日(金)12時51分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



1月2日放送の『ニンゲン観察 モニタリング』(TBS系)3時間スペシャルに木村拓哉が出演。一部メディアでは「人間宣言」をしたと報じられたが、木村の暗躍でSMAP解散に至った過去を根に持つファンは激怒。SNSでは木村に罵声を浴びせるファンもいた。


【関連】木村拓哉がまだ「演じたことのない」意外な「職業」とは…? ほか


木村は『マスカレードホテル』(1月18日公開)の番宣で同番組に出演。「年末年始は日本にいる派」「(年始に)餅は雑煮にして食べる」と知られざるプライベートな一面をのぞかせた。


番組では、美容室で洗髪中、美容師と入れ替わって客をもてなし、客のリアクションを確かめるという役割を演じた。かつて『ビューティフルライフ』(フジテレビ系)で美容師役を演じた木村だが「シャンプーは経験がない」と漏らしながらも果敢に「ドッキリ」に挑戦。客の要望に応じてハグするなどサービス精神旺盛だった。



キムタクも人間」「いつまでイイ男?」賛否両論


その後、木村は俳優の勝地涼からドッキリを仕掛けられた。


「役者をやめたい」と木村に相談する勝地。妻・前田敦子にはまだ相談していないと明かすと、木村は「涼君だけの問題ではない。まずパートナーに相談するべき」とイラ立ち気味。それでも勝地は「(俳優業を続けるのが)つらくなってしまった」と相談を続けた。子役から20代になり、役者としての“壁”を感じたという勝地に「みんなシンドイでしょ」と木村は漏らした。


木村は「やることなすこと、いろいろたたかれるから」とポツリ。「木村さんには才能がある。自分はどの役をやっても普通になっちゃう」と嘆く勝地に「自分だって言われる。何を言ったって『キムタク』だもん」「つらいのはみんなつらい。つらくない人なんていないよ、絶対」と勝地同様、役者として悩むことはあると明かした。


ドッキリを見た視聴者からは「キムタクも人間なんだなって思った」「人間としてもデキ過ぎだろ」との声が出た一方で、やはり木村を叩く声も。



《うさんくさい》

《モニタリングなんて完全に台本だから。キムタクを持ち上げ過ぎて気持ち悪い。他のメンバーを裏切ったことを忘れてはいけない》

《全く共感できない。なんなのコイツ。いつまでいい男演じるわけ?》



などと、「SMAPを解散に追いやった」こといまだに許さず木村をたたく声も一定程度あった。


果たしてSMAP解散後、木村は“人としての心”を取り戻せたのだろうか。



まいじつ

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ