フジモン“離婚直後”の生放送で衝撃の顔面...「たくさん泣いたのかな?」

1月4日(土)10時49分 まいじつ


(C)まいじつ 



2019年大みそかに、タレント・木下優樹菜との電撃離婚を発表した『FUJIWARA』の藤本敏史。間髪入れず、2020年元旦には生放送の『第53回 新春! 爆笑ヒットパレード2020』(フジテレビ系)で仕事初めを行ったが、視聴者からはある異変が囁かれた。


【関連】恫喝・恫喝・恫喝! 2019年“胸クソ事件”の主役を務めた「3人の木下」たちほか


この日は藤本にとって仕事初めであるとともに、離婚後初めてのテレビ出演でもある意味深い放送。当然、スタジオではオープニングから離婚の話に及び、MCの『ナインティナイン岡村隆史は「今日休んでいいよってメール送ったんですけど」と藤本をイジっていく。


相方の原西孝幸も、発表の前日に本人から離婚を聞き、「『えっ』と驚いた」と当時の心境を告白。当の藤本はどこか吹っ切れた様子で、「最高の素材を持ってきたでしょう!」「正直、今日は何を見ても笑えないと思います。チッキショー!」「チョリース、チョリース!」と自虐ネタを連発して笑いを誘っていった。


 


ムクんだ顔からは離婚の心労が?


しかし、吹っ切れたようなハイテンションとは裏腹に、藤本の顔はどこかムクんだような印象。もともとぱっちりとした目ではないが、この日はさらに腫れぼったいまぶたに見えていた。視聴者からも藤本の容姿を心配する声が上がり、ネット上には、



《いやもうフジモン目も顔も腫れとるやん》

《左目腫れてないか》

《フジモン目腫れ過ぎで笑えん》

《何か腫れてるな》

《フジモン目が腫れてるように見える。たくさん泣いたのかな?》

《フジモン目腫れとるけど何かあったんですか??》

《ヒットパレードのフジモン、めちゃ目腫れてない?? 泣き腫らした??》



などといった書き込みが。番組中のテンションとは裏腹に、悲壮感漂う容姿となっていたようだ。


明るく振る舞っていたのはカラ元気で、裏では夜な夜な枕を濡らしていたのだろうか。


 


まいじつ

「離婚」をもっと詳しく

「離婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ