2018年「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由

1月4日(木)18時0分 ねとらぼ

HUGっと!プリキュア

写真を拡大

 2018年2月4日から新しいプリキュア「HUGっと!プリキュア」が始まります。
 1年間見続けてきた「キラキラ☆プリキュアアラモード」が終わってしまうのは寂しいのですけど、プリキュアファンは毎年、この「別れと出会い」を繰り返し経験しているのですよね。しかし、何年たっても、この「寂しさ」と「期待」が同居する感覚は慣れるものではありません。
 さて2018年の新しいプリキュア「HUGっと!プリキュア」ですが、2017年末にキャラクタービジュアル、基本設定が公開されています。
 まずは見てくださいよ。この美麗なビジュアルを。
 このキービジュアルを見たとき、僕は確信しました。
 2018年「HUGっと!プリキュア」。
 今まで通り、子どもたちに大人気になることは間違いない。
 そして、2018年を代表する「神アニメ」になると。
 なぜ、「HUGっと!プリキュア」は神アニメになり得るのか。
 そこには、5つの理由があるのです。
「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由
1.キャラクターのかわいさ
2.作品テーマが熱い
3.肉弾戦の復活
4.プリキュア15周年でさまざまな仕掛け
5.プリキュアシリーズ、絶好調
・著者:kasumi プロフィール
プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。

●1:キャラクターのかわいさ

 なんといってもこのキャラクターのかわいらしさです。
 もちろん例年のプリキュアも当然かわいいデザインではありました。しかし「HUGっと!プリキュア」は今までのプリキュアのデザインから「一歩踏み込んだ」攻めたかわいさを感じませんか? チアガール、ナース、キャビンアテンダントを大胆にアレンジしたデザイン、パステル調の彩色が新しい時代を感じさせます。もう、子どもも大人も魅了しまくりです。
 キャラクターデザインが誰なのかはまだ発表されていませんが、「目の描き方」「口の表現」など、個人的には「Yes!プリキュア5(GoGo!)」「スマイルプリキュア!」の川村敏江さんではないかと推測しています(違っていたら笑ってください)。
 (仮にキャラクターデザインが川村敏江さんだとして)実は川村敏江さんがキャラクターデザインを手掛けたプリキュア3作品は「プリキュア公式YouTubeチャンネル」内の無料で見られるプリキュアシリーズ「第1話の動画再生数上位5作品」のうち、3作品を占めているのです。
 そう。子どもはもちろん、大人のファンも川村敏江さんの「華のあるデザイン」に魅かれるのです。
 もう、この時点で「HUGっと!プリキュア」が神アニメになることは約束されたようなものです(もし、キャラクターデザインが川村敏江さんでなかったら全力で土下座します)。

●作品テーマが熱い

 「HUGっと!プリキュア」のテーマは「子どもを守るお母さん」。
 「HUGっと!」のハグは、赤ちゃんをだっこするハグのことのようです。
 プリキュアにおける「子育て要素」は、「フレッシュプリキュア!」のシフォン、「ドキドキ!プリキュア」のアイちゃん、「魔法つかいプリキュア!」のはーちゃんなどでもありましたが、ここまで、ガッツリと「子育てをテーマ」にしてきたのは初めてですよね。
 プリキュア以前のニチアサ「おジャ魔女どれみシリーズ」を思い出した大きなお友達も多いかと思います。
 この「子育て要素」は女の子向けアニメでは定番のシチュエーションでなじみやすく、特に東映アニメでは「おジャ魔女どれみ」「プリキュアシリーズ」などで蓄積された演出のノウハウもたくさんあるでしょう。
 プリキュア15周年記念作品として「本気で」取りにきているテーマだと思います。

●「ママとお仕事」要素で、議論を巻き起こす?

 また、「HUGっと!プリキュア」では子育てと同時に「お仕事」もテーマの一部になるようです。
 「ワーキングマザー」
 「子育てをするのはお母さん」
 「イクメン」
 これらのテーマはネット上で話題になりやすく、この1年間、さまざまな媒体で、さまざまな言及がされることが予測されます。
 しかも日曜日の朝に子どもが「お母さん」「お父さん」と一緒に見るプリキュアで「子育て」「ワーキングマザー」「イクメン」を正面から取り上げ、1年間放送する。うん。ネットで盛り上がること間違いなしです。
 「なんでもできる! なんでもなれる! 輝く未来を抱きしめて!」というキャッチフレーズが示すように、今作はかなり「ポジティブな内容」になるみたいです。
 これらたくさんの要素を詰め込んだ難しい作品です。まだ発表されていませんが、おそらくシリーズディレクター(監督さん)も、相当実績のある人が務められるのではないでしょうか?
 とにかく、作品テーマ的にも「神アニメ」になる要素がふんだんにあるのです。

●肉弾戦の復活

 公式で発表されたコメントなどを見ると、「キラキラ☆プリキュアアラモード」で封印された「肉弾戦」が復活することが予測されます。
 しかも「ひとたび戦えば圧倒的に強い」らしいのです。
 キラキラ☆プリキュアアラモードのクリームエネルギーで敵を拘束するバトルも、あれはあれで面白かったのですが、やっぱり「プリキュア」といえば「肉弾戦」が華ですよね。
 肉弾戦の復活によって、ある意味分かりやい「圧倒的に強いヒーロー」が描かれると思われます。
 初代「ふたりはプリキュア」も、その卓越した戦闘シーンで、多くの新規ファンを増やしました。
 「HUGっと!プリキュア」も、印象的な戦闘シーンで、より多くのファンを魅了するものと思われます。
 プリキュアの戦闘シーンは「よく動く」ことにも定評があり、この肉弾戦の復活は、往年のプリキュアファンにもうれしいことですし、新規のファンを増やすきっかけにもなるのです。
 この肉弾戦の復活もまた、HUGっと!プリキュアが神アニメになる大切な要素なのです。

●プリキュア15周年でさまざまな仕掛け

 プリキュアシリーズが15年目を迎えます。
 現在「プリキュア15周年公式サイト」も開設され、東映アニメーションも気合を入れてプリキュアを盛り上げていくと思います。
 15周年記念として、子ども用のアイテムだけではなく、プリキュアファンの大人たちに向けて、さまざまなアイテムが発売されるようです。
 一例をあげると、キュアブラックとキュアホワイトの大型ヴィネットフィギュアの発売や、「ふたりはプリキュアカードコミューン 15th Anniversary Edition」の発売、……などなど。
 これだけで終わるとも思えません。もっと「その先」があるでしょう。
 2017年は初音ミクとのコラボなども話題になりました。
 個人的には15周年なので「過去のプリキュア」が少しでも出てくれると、うれしいのですけどね。
 この先「もっと大きなサプライズ」も用意されていると思います。
 このサプライズが発表されるたびに「HUGっと!プリキュア」は神アニメに一歩ずつ近づいていくのです。

●プリキュアシリーズ絶好調

 実は、昨年2017年は「プリキュアシリーズ自体」が好調な年でした。
 秋に上映された「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリっと!思い出のミルフィーユ!」は初動2日間の観客動員、興行収入がここ数年で最高の数値を上げ、最終的な興行収入もここ4年で最も高くなりそうです。
 また、バンダイナムコが発表しているプリキュアのトイホビー関連商品の売り上げもここ3年は上昇傾向。
 毎年ネットショッピングのアマゾンで発表されているアマゾンランキング大賞2017の「女の子のおもちゃ部門」では、「キラキラ☆プリキュアアラモード まぜまぜ変身!スイーツパクト」が第1位を獲得するなど、「プリキュアシリーズ自体が盛り上がっている」のです。
 そしてプリキュア自体が「好調な推移」である、ということは「土台となる視聴者の数が年々増えてきている」ということです。
 そういった土台の上に、この「子どもも大人も魅了する、一歩進んだ華麗なキャラクターデザイン」で「子育て、お仕事をテーマ」に「格闘も復活」する。
 それを東映アニメーションが一流のスタッフで15周年の総力を結集して作るのです。
 もう「HUGっと!プリキュア」は「神アニメ」になることは約束されたようなものです。

●まとめ

1:キャラクターデザインがかわいい
2:作品テーマが熱い
3:肉弾戦の復活
4:15周年記念で盛り上がる
5:プリキュアシリーズ、絶好調
 これら5つの点を考慮すると、2018年「HUGっと!プリキュア」は、子どもに大人気になるのは間違いなく、
プリキュアファン、そしてたくさんのアニメファンに支持される、まさに、2018年を代表する「神アニメ」になることは、間違いないものと思われます。
 うそだと思うなら、2018年2月4日8時30分。
 ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

プリキュアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ