AbemaTVで大相撲配信、序ノ口から結びの一番まで 「“老若男女、誰もが自由に楽しめる”大相撲」目指す

1月4日(木)14時40分 ねとらぼ

AbemaTVで大相撲配信

写真を拡大

 AbemaTVが1月4日、大相撲の1月場所から11月場所までの全6場所(90日間)を1月14日から「AbemaGOLDチャンネル」「スポーツチャンネル」で生配信すると発表しました。
 毎朝8時30分から18時までの9時間30分にわたって、「序ノ口」から「結びの一番」までの取組を配信。AbemaTVならではの取り組みとして、「これまでの大相撲中継とは異なる“老若男女、誰もが自由に楽しめる”大相撲を目指し、斬新かつダイナミックな映像で取組の様子をお届けするほか、オリジナルの力士紹介VTRや若い世代のタレント及び女性解説者の起用」を挙げています。
 配信決定に際し、横綱の白鵬鶴竜稀勢の里がコメントを発表しています。
・白鵬
大相撲というのは、1500年近く、長年の歴史と伝統文化がありまして、相撲と神事というのがありますけど、例えばこの綱を絞めているというのは、みなさんがお寺や神社に行くと思うんですけど、そこにはしめ縄がり、そのしめ縄を人間で着けられるのは横綱だけであります。またこの頃は、力士本人が食べ物、稽古の仕方、そしてトレーニングの仕方、そういったものを全て考えてやっており、アスリートになりつつあります。勝負は一瞬ですけど、その一瞬のために、日々稽古を積み重ねてきていますし、その一瞬の勝負だけじゃなく、そこに行司、呼出、床山、そしてしきたり、そういったものを、目で、耳で、匂いで、楽しんでもらえればなと思います。
・鶴竜
大相撲は、年齢が上の方が見ている印象がありますが、やはり同世代、20代とか30代の方にもっと、見てもらえれば、今もこれからもファンがあっての大相撲ですので、長く続いていくためにも若いファンの方が「AbemaTV」の放送をきっかけに、増えてくれたらと期待しています。
・稀勢の里
様々な年代の方に見ていただけるのはとても嬉しいですし、国技の素晴らしさを多くの方々に知ってもらえればと思います。とても期待しています。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

大相撲をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ