三四郎・相田、両親は一風変わった“成田離婚”

1月4日(水)4時54分 ナリナリドットコム

お笑いコンビ・三四郎が、1月1日に放送されたバラエティ番組「千原ジュニアのヘベレケ ジュニア妻乱入!? ヤフーもザワつく新年会SP」(東海テレビ)に出演。相田周二(33歳)の一風変わった“成田離婚”を明かした。

相田は小学3年生の頃に両親が離婚しているが、先日、父親の名前を調べたところ、「韓国で弁理士の事務所を最初に設立した、日韓の架け橋になっていた」ことがわかったのだとか。そんな父親との別れとなった離婚時のことを、相田はハッキリと覚えているようだ。

ある日、母親に成田空港につれて行かれた相田。帰国ゲートのところで待機していると、向こうから「ウチの父親が知らない女性と2人でカート引いて…。たぶん海外旅行行ってたんでしょうね。それを母親が見つけて、バーッと近寄って、『アンタ、何やってんの!』。そこで離婚届けにサインさせて離婚させた」という。

そんな修羅場に、番組ホストの千原ジュニアは「そういう成田離婚あんねんな(笑)」。新婚旅行から帰ってきたところで離婚する“成田離婚”とはまた異なるタイプの“成田離婚”に驚いた様子だった。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

三四郎をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ