『ひるおび!』年間平均視聴率7.1%、6年連続同時間帯トップ

1月4日(木)14時6分 オリコン

6年連続で年間平均視聴率1位(左から)八代英輝、恵俊彰、江藤愛アナウンサー(C)TBS

写真を拡大

 TBS系昼の情報番組『ひるおび!』午後の部(前11:55〜後1:55)が、2017年1月4日から12月29日までの年間平均視聴率で7.1%をマークしたことが4日、わかった。この時間帯の情報番組、フジテレビ『バイキング』(前11:55〜後1:45)、日本テレビ『ヒルナンデス!』(前11:55〜後1:55)との番組視聴率での比較で、2012年以来6年連続でトップに立った(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 午前の部(前11:00〜11:54)と午後の部を合わせて6.3%を獲得。こちらも6年連続で同時間帯トップだった。なお、午後の部、午前の部+午後の部ともに、番組スタート以来、最高の年間視聴率となった。

 松添美徳制作プロデューサーは「2017年も同時間帯トップという結果をいただき、身の引き締まる思いです。番組をご覧いただいている皆さまに感謝するとともに、放送10年目を迎える2018年はスタッフ一同気持ちを新たに、出演者の方々と“深く明るく温かい”番組作りに臨んで参ります」とコメントしている。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

視聴率をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ