現役女子高生の新逸材・夢乃、人生初グラビアで圧倒的スタイル披露

1月4日(木)11時30分 オリコン

『ヤングジャンプ』5・6号で人生初グラビアに挑戦した夢乃 (C)佐藤裕之/集英社

写真を拡大

 「2018年東レキャンペンガール」に選ばれた現役女子高校生・夢乃(17)が、4日発売の『週刊ヤングジャンプ』5・6合併号(集英社)に登場。人生初グラビアで、堂々と水着姿を披露した。

 東京都出身の夢乃は、身長173センチを誇る圧倒的なスタイルと屈託のない笑顔で、山口智子藤原紀香菊川怜などを輩出した“キャンギャル界の名門”の顔に大抜てき。新年の最初から超級逸材が輝きを放った。

 同号の表紙と巻頭グラビアでは、同誌の人気企画「サキドルエースSURVIVAL」第8弾がスタートし、7組7人のアイドルが水着姿で登場。エントリーしたのは、ユミ・W・クライン(純情のアフィリア)、生牡蠣いもこ(神使轟く、激情の如く。)、青葉ひなり(FES☆TIVE)、小此木流花(アキシブproject)、夢乃まゆこ(Shibu3project)、川崎ひかる(われらがプワプワプーワプワ)、橋本愛奈(チャオ ベッラ チンクエッティ)。

 同号の巻頭カラー漫画は、福田秀氏の新連載『ドロ刑』。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

グラビアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ