ソニン、アミューズに移籍「多くの方々に感動をお届けできるよう精進」

1月4日(木)10時54分 オリコン

ソニン (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 女優で歌手のソニン(34)が4日、芸能事務所大手・アミューズに1日から所属となったことを発表した。今後はグローバルな活躍を視野に活動していくとしている。

 ソニンは2000年10月、EE JUMPのメインボーカルとして「LOVE IS ENERGY!」でCDデビュー。01年よりソロ活動を開始した。歌・ダンスに定評があり、近年では舞台を中心に活躍の幅を広げている。2012年には文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間アメリカ・ニューヨークに留学するなど、日本演劇界で影響力のある舞台女優として注目されている一人。これまで、02年『第40回ゴールデン・アロー賞』音楽新人賞、15年度『第41回菊田一夫演劇賞』などを受賞している。

■ソニン コメント全文

不器用な私がこの芸能界で仕事を始めて18年。
さまざまな人と出会い、色んな景色を見てたくさんの世界を経験しました。

この芸能界で活動していく意義をやっと見つけて自分の足が地に着き、進むべき道を見据えた時、不思議なタイミングで引き寄せられ、ご縁が繋がりました。

アミューズは、羨ましいほどに愛あふれる大きな家族という印象が深く、ライブの尊さを大切にそして、しっかり外にも広く目が向いている姿勢に、自分も大家族の一員になれたならどんなに世界が広がるだろうという想いを抱きました。

アミューズの一員として、ここから新しいソニンとしての本当のスタートを切ることが、楽しみであり、より一層気持ちが引き締まる思いです。

唯一無二の魂と生命力とエネルギーをこれからも胸に、より多くの方々に感動をお届けできるよう精進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソニンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ