綾小路きみまろ 祖母に「姥捨山読んで」とせがむ鬼孫を語る

1月4日(火)10時0分 NEWSポストセブン

『年末年始の里帰り』をテーマに詠む、綾小路きみまろさん(60)の爆笑川柳。今回は、孫の絵本のお題に怒り心頭の姑と、そのとばっちりを受けるご主人の悲哀の物語。


* * *

【絵本読む 孫のお題は 姥捨山】


帰省した孫が「読んで!」と持ってきた絵本のタイトルは姥捨山。「一体どんな教育してるのよ!」、嫁に対して怒りの姑。ふたりの中に挟まれていつもオロオロするのはご主人です。


奥様、ご主人の立場もわかってあげてください。会社では上役にしごかれ、部下に陰口を叩かれ、気の使えないOLには気を使う。家に帰れば、昔、かわいかった“家内”も、いまではおっ“かない”。


奥様の出“腹”を見つめ、自分の出“腹”を見つめ、「あ〜、人生“バラ”色どころか、いまや気持ちも“バラバラ”だ」。昔、放っておいた奥様にいま放っておかれ、「いいよ。オレなんか放っトイレくれ〜」と安らぐ所は家も会社もトイレだけ。


※女性セブン2011年1月6・13日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

綾小路きみまろをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ