注目ワード注目のグルメ・登場 橋本マナミ・愛人 山中慎介・ドーピング 小池百合子・知事 教師の不祥事・教諭 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

日本で初めて公安捜査官の戦いを実名で描くノンフィクション

NEWSポストセブン1月4日(土)7時1分

【書評】『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに 挑んだ警視庁公安部』 門田隆将著 小学館 1785円(税込)

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)


 * * *

 昭和49年8月30日、白昼の丸の内オフィス街をとてつもない轟音と爆風が駆け抜けた。「三菱重工爆破事件」死者8名、重軽傷者376名を出した史上最悪の爆破テロは、全11件に及ぶ連続企業爆破事件の始まりでもあった。今では信じられないが、新左翼運動が過激化した当時は〈誰が、いつ、どこで、どんな爆破事件に遭遇してもおかしくない「時代」〉だった。


 犯行声明を出した「東アジア反日武装戦線“狼”」に対して真っ向勝負を挑んだのが、極左暴力取締本部に精鋭を集めた警視庁公安部だった。本書は、特捜本部に対して「裏本部」と呼ばれたその組織が犯人グループを一斉検挙するまでの一部始終を、当時の公安捜査官たちに取材し、初めて実名で描いたノンフィクションである。


「裏本部」の捜査官は、新左翼の爆弾教本を暗記するほど読み込み、裏に流れる思想や人脈の解析からあるグループを割り出す。息詰まるような監視と尾行の中で、次々と新たな爆破テロは起こり、その裏側で一人また一人と犯人グループの人間を特定していく。事件から9か月後の検挙へと至る過程の描写は緊迫感に満ちている。


 本書の真髄は、秘密のベールに包まれた公安捜査の実態に光を当てたことに加え、主要捜査官らの人となりや人生を緻密に描くことで黒子としての矜恃や執念といった人間味までも浮き彫りにしたことだ。別の爆弾テロで前夫人を失っていた当時の警視総監・土田國保氏の日記も初公開している。


〈絹子(注・再婚した妻)お灯明をあげてくれて二人で拝む。涙をこらえる(中略)ああ、疲れたり〉と胸中が綴られた検挙当日の記述からは、血の通った一人の人間の姿が浮かび上がり、胸が詰まる。


※SAPIO2014年1月号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「日本」「捜査」「爆破テロ」「爆破事件」の関連トピックス

「日本」をもっと詳しく

注目ニュース
橋本マナミが写真集を自画自賛するも「買ってガッカリ」というまさかの酷評! アサ芸プラス8月24日(木)9時59分
美人が自分の魅力を過信するのは仕方がないのか。8月17日に放送された情報番組「バラいろダンディ」(TOKYOMX)にグラドルの橋本マナミが…[ 記事全文 ]
タモリの一念が秩父鉄道SLを動かした「ブラタモリ」に鉄道通から驚きの声! アサ芸プラス8月24日(木)5時59分
8月19日放送の「ブラタモリ」(NHK)に驚きと羨望の声が上がっている。この回はタモリら出演者が埼玉県の長瀞を訪れ、「なぜ長瀞は人を引きつ…[ 記事全文 ]
菊川怜「とくダネ!」降板で衆院選出馬へ まいじつ8月24日(木)10時30分
(C)まいじつタレントの菊川怜が、フジテレビの情報番組『とくダネ!』の司会を9月いっぱいで降板する。[ 記事全文 ]
メルBが結婚ジョークに激怒、生放送で水かけ退席 ナリナリドットコム8月24日(木)9時21分
“メルB”こと元スパイス・ガールズのメラニー・ブラウン(42歳)が、「アメリカズ・ゴット・タレント」収録中に激怒。席を立つ一幕があった。[ 記事全文 ]
HKT48宮脇咲良、大人っぽく成長した表情にドキッ!浴衣姿も美しい モデルプレス8月24日(木)12時0分
【宮脇咲良/モデルプレス=8月24日】HKT48の宮脇咲良が24日発売の雑誌「B.L.T.」10月号の表紙に登場。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア