これぞ肉! 豪快な本場薪焼きメキシコ牛の赤身肉ステーキ

1月4日(月)7時0分 NEWSポストセブン

カルネ・アサダ(ソノラ州産牛肉フィレの薪焼き/300g)4860円

写真を拡大

 脂肪分が少なくヘルシーだと人気の赤身肉。最近では赤身肉愛好家の女性を「アカミニスト」と呼ぶなの大ブームとなっている。そんななか、東京・六本木にメキシコ産の豪快な赤身肉を提供するレストランがある。


 日本国内で唯一無二の本格メキシコ料理店。牛肉はメキシコを代表する最高級ソノラ州産を提供している。気候のよいソノラ州でのびのびと育てられたため、味がしっかりとして甘みもある肉である。余分な脂を捨て、旨みを閉じ込めるためのメキシコ伝統の薪焼きにして食べると、噛み応えがあるのに柔らかい、“これぞ肉!”という食感の豪快ステーキが完成。


 写真のメニューは「カルネ・アサダ(ソノラ州産牛肉フィレの薪焼き/300g)4860円」。トルティーヤでサルサ(ソース)と一緒に巻いて、タコスにして食べるのも一興。


 肉専門のグルメライター・小寺慶子さんは、「適度なサシと力強い旨みを湛えたメキシカンビーフは食べ飽きないおいしさ。薪で焼くステーキを好みの厚さにカットしてくれるのも食いしん坊のハートにジャストミート」と語る。


■ラ・コシーナ・カブリエラ・メヒカーナ

住所:港区六本木7-15-10クローバービル2F

営業時間:月〜金11時半〜14時半(LO)、17〜23時(LO)

土日祝12〜16時半(LO)、17〜22時(LO)

休業日:無休(年末年始を除く)


※女性セブン2016年1月7・14日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

メキシコをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ