NHKドラマで萩原健一と親子役 忽那汐里のさわやかな笑顔

1月4日(月)16時0分 NEWSポストセブン

ドラマ『鴨川食堂』主演の忽那汐里

写真を拡大

 2016年1月10日にNHK BSプレミアムでスタートするドラマ『鴨川食堂』の第1話完成披露試写会が12月18日に行われ、主演の忽那汐里(22才)が出席した。


 京都の小さな食堂「鴨川食堂」の主人と娘が、客の悩みを受け止め、客が本当に望んでいる“食”をつきとめる──。そんなこのドラマで忽那が演じるのは、京都の小さな食堂「鴨川食堂」にの娘・鴨川こいし。そして、こいしの父であり、元刑事で料理人の鴨川流は、今作が約12年ぶりの連続ドラマ出演となる萩原健一(65才)だ。


“食“が大きなテーマとなるこの作品。現在一人暮らしを始めて約1年という忽那は、自炊することが多いとのこと。料理が好きで、疲れている時でも苦にはならないという。


撮影■高柳茂

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ