BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

エレカシ宮本主演ドラマ『俺のセンセイ』 フジ復活へ一筋の光

NEWSポストセブン1月4日(水)16時0分
画像:番組公式HPより
写真を拡大
番組公式HPより

 かつて栄華を極めたフジテレビのドラマだが、近年は不調にあえいでいる。だが、ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏は、年の瀬の深夜に光明を見た。


 * * *

 とうとう昨年末、幕を閉じた『SMAP×SMAP』。20年間の全放送平均視聴率18.1%という超人気長寿番組を失ってしまったフジテレビ。大きな痛手です。いや、フジに吹きつける逆風は、「スマロス」だけではありません。


 年末恒例の「好きなアナウンサートップ10」(ORICON STYLE)に、フジテレビから選ばれたのはわずか男性アナ1人のみ(伊藤利尋)。女子アナはなんとゼロ。一時期の勢いがウソのよう。


 ドラマも低空飛行中。ヒット作を生み出し社会現象まで創り出してきた看板枠「月9」も、今や視聴率は1桁が当たり前と、喘ぎ続けています。たしかに、「人気凋落」と囁かれても仕方のないフジの現状。2017年の船出もやはり激しい嵐の中……と思いきや。


 絶望だけでなく、一筋の光も見えた。そう思わせてくれた一本のドラマに遭遇しました。


 2016年12月25日深夜午前1時に放映された『俺のセンセイ』。やっぱりドラマっていいな、ドラマにしかできないことがあるんだな、と実感。


 終わったドラマを新年早々に敢えて紹介するのには、ワケがあります。今、オンデマンドで無料公開中なのです(無料は1月9日まで)。ドラマの楽しみ方もテレビの外へ、ネットにスマホ、好きな時間帯へと多様に広がっていきそうな2017年。


 さて、このドラマ──。基本の3要素「役者、演出、脚本」がいずれもキラリと輝いていました。


●役者


 主人公を演じたのは…ロックバンド・エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次。何とドラマ初主演という挑戦。10年間のスランプに苦しみ、頭をかきむしり、身をよじりながら苦悩する中年漫画家・西虎太郎の役。


 宮本氏本人のイメージと重なりつつも、落ちぶれた中年漫画家になりきった。絶望の淵に立つ中年男の滑稽さと純粋さ。混濁した味わい深い人物をイキイキと描き出した。宮本氏にしかないロックテイスト。言葉にすれば、「オッサンの透明感」「中年の中にある少年性」とでも言ったらいいでしょうか。


 ドラマの中で、そうした独自の人間味をどう活かせるかが勝負。蓋を開けると、妙な三枚目のドタバタ喜劇にならず、ありきたりのコメディでもなく、格闘する人間ドラマとしてきちんと成り立っていた。


 若き売れっ子漫画家・郡司すみれを演じた石橋杏奈さんも、素晴らしくキレ味のある演技。宮本氏と全力真っ向勝負。「冴えないオッサンvs淡泊なクールビューティー」という構図が鮮やかに立ち上がってきました。


 そして脇を固めた佐藤二朗さんや小出恵介さんからは、ドラマへの情熱が滲み出てくるようなチームワークを感じたのです。


●演出


 ガニ股で歩き、髪を掻き上げ、両手を大きく広げながらしゃべり、目をひん剥いて凝視する、宮本氏の独特な身体的クセ。それらを刈り込まず、上手に使った演出力がアッパレ。音の活かし方も、実に憎い。場面転換と同時にロックのリズムが刻む。


 ノンビブラートで、ちょっとシャープにズレながらシャウトする宮本ボーカルが全編に響きわたる。主役の純粋さや透明感を、エレカシの音楽がきっちりサポート。音楽とドラマとの、ユニークなコラボモデルになりました。


●脚本


 脚本は『フジテレビヤングシナリオ大賞』第28回受賞作。ここがフジテレビにとっての大きな「希望」の芽かも。ご存じのように坂元裕二、野島伸司から野木亜紀子まで数多くの人気脚本家を輩出してきたこの賞は、若手シナリオ作家を育てるためフジテレビが設立したのですから。


 このところのフジのドラマの凋落は、「キャスティング至上主義が元凶」と指摘されてきました。つまり、人気アイドルや人気俳優を主役としてとにかく押さえて、それからストーリーを作っていくというスタイル。


 しかし、それでは良いドラマは生み出せないとわかった以上、もう一度、脚本から配役へと「丁寧に物語世界を作り上げていく」原点に立ち戻って欲しい。と思いつつ、『俺のセンセイ』のプロデューサーのコメントを見ていたら……脚本を読んで、主役は宮本さんしかいないと思ったのだとか。


「“言うだけならタダだ!”と体当たりでオファーしたところ、まさか受けていただけるとは思わず、今回ご一緒できている幸せを日々感じながら撮影を続けております」(フジテレビHP)


 クリエイター魂のみずみずしい希望の光が、このあたりに差してはいませんか? こうした「ものづくり力」を現場からしっかりと丁寧に育てていけば、きっとフジのドラマは復活するはず。2017年、応援しています。

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ドラマ」「エレカシ」「フジテレビ」「作家」の関連トピックス

関連ワード
ドラマのまとめ写真 エレカシのまとめ写真 フジテレビのまとめ写真 作家のまとめ写真

「ドラマ」をもっと詳しく

注目ニュース
視聴者が置いてけぼり!「僕たちがやりました」はもう崩壊寸前か まいじつ8月22日(火)21時30分
(C)Shutterstock窪田正孝が主演する連続ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)に対し、「ストーリーが破綻してついていけな…[ 記事全文 ]
もやし一本残すな!有吉ゼミの無茶な「大食い企画」に批判の声 まいじつ8月22日(火)10時55分
(C)まいじつ8月21日に放送されたバラエティー番組『有吉ゼミ』(日本テレビ系)での大食い企画が、視聴者から批判を浴びている。[ 記事全文 ]
「しくじり先生」最終回にベッキーへ出演オファー まいじつ8月22日(火)7時0分
(C)まいじつバラエティー番組『しくじり先生俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)が9月をもって終了することになった。[ 記事全文 ]
さんまが恨み節、中居正広と共演『27時間テレビ』名物企画が突如中止の不思議 週刊女性PRIME8月23日(水)4時0分
「今年、フジテレビは生放送でやらないし、なんか“へっ?”っていう感じ」8月12日、自身がDJを務めるMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』で、…[ 記事全文 ]
テレ東・鷲見玲奈アナ、異色の“たれ“番組でファン垂涎の着衣巨乳! メガネ姿にも「最高すぎる」の声 メンズサイゾー8月22日(火)17時0分
テレビ東京屈指の人気アナウンサー・鷲見玲奈(すみ・れいな/27)が、異色のバラエティーで男性視聴者を刺激している。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア